チャレンジクエスト「混沌のコロシアム」の第3試合。

DSC_0003

マップは「ツインリング」。
敵はテネットで、ハンデ3です。

ハンデ3は「初期領地3ヵ所」。
開始直後から「スタチュー」3体がランダムな土地に配置されており。
これらはテネット領地になります。

これだけでもスタート時点での総魔力差がでますが。
スタチューのいる土地属性次第では。
「ヘルグラマイト」「ガーゴイル」「サンダースポーン」といった、
召還コストに土地の要るクリーチャーを1ラウンド目から召還される可能性が高くなるということですね。


テネットのブックは本来バランスが悪い。
クリーチャーが、水8枚、地8枚、風8枚の計24枚しか入っていません。
が、初期配置のスタチュー3体のせいでこのバランスがむしろ厄介。
クリーチャーが少ない分だけ多く入っているスペルをガンガン使われます。

相変わらず面倒なのは「クインテッセンス」からの「ホーリーバニッシュ」。
自身の領地レベルを上げるなら。
土地属性一致クリーチャーを配置すること、および一気にレベル5まで持って行くこと。


今回は攻撃型ブックで挑む方が良いかと。
早めに次々と敵領地を潰してしまえばハンデも帳消し。
テネットのブックにクリーチャーが少ない分、後半はすこぶる楽に戦えます。
ハンデ3では通行料や周回ボーナスは上がっていませんしね。





松山勝弘(まつやままさひろ)