今回は、クエスト「眠れる神々」のステージ「闇に沈んだ世界」。

DSC_0005

マップ「カオスパレス」はいろいろと入り組んでいます。
施設も占い館、転送円、魔法陣、魔力トラップ、宝石屋と豊富。

ゲートは北と南の角に1つずつの計2つのみです。
ゲートが2つであること。
北のゲートを取るのに、マジカルリープなどのスペルを使わない限りは魔力トラップの上を通過するしかないこと。
周回するのに歩数が少なくないことなど。
余計なところで現魔力を使いたくないマップですね。
宝石屋を通っても、いつどれくらい買うかは十分に考えないといけません。

ちなみに、うまく転送円を使えても実は2歩しかショートカットできません。
無理に狙わないようにご注意ください。


敵セプターはハイデルゴスとクラネスで3人戦。
ここで強敵来たか!と思いましたが。
それほど強くありませんでした;;


ハイデルゴスは水単色。

クリーチャーで面倒なのは、無属性の「レジェンドファロス」です。
ST40、HP50で周回回復ができないクリーチャーなのですが。
G80で秘術を使えば、自身に隣接する全ての空地に「スタチュー」を配置できます。
マップ次第では最大4体を一気に配置できるかもしれないということですね(今回のマップでは最大3体)。
もし自身が使う場合は、「リリーフ」や「チャリオット」あたりと組み合わせるとかなり便利そうです。
あとは「ヒーラー」「リストア」「ライフストリーム」「アラーム」などでしょうか。
ハイデルゴスはどれも持っていません。

攻撃スペルが多く。
「マジックボルト」が3枚、対象地・風クリーチャーのHP-30の「ストーンブラスト」が2枚。
それと、HP減少中の全クリーチャーのHP-20する「スウォーム」も2枚あります。

他にも全てのクリーチャーに「衰弱」を付ける「プレイグ」が2枚。
対象敵セプターの属性石をランダムに1つ奪う「スティールジェム」が2枚など。
なかなか厄介なスペルが揃っていますが。

…実は、その分クリーチャー数が少ないんです。
デルゴスと同じですね笑
水属性20枚と無属性4枚の計24枚のみ。
スペルでの嫌がらせは気にしないといけませんが。
ハイデルゴスが1位になることはまずないでしょう。


次にクラネス。
久しぶりの登場ですし、当然のごとくブックが変わっています。

属性は火・地。
全体的に、使いやすくて普通に強いカードが揃っています。

厄介そうなのは「セフト」2枚。
対象敵セプターの手札からスペルカードを奪い取るスペルです。

密命能力は1枚のみ。
使用者がレベル2の領地を5つ以上持っていた場合、それら全てのレベルを1つ上げるスペル「フラットランド」。
特に注意する必要もなさそうですね。


と、この程度。
見かけ倒しです。

先行しすぎて、ハイデルゴスのスペルが全てこちらに向き。
その間にクラネスにさらっと1位をさらわれた。
というような状況くらいでしか負けないのではないかと。





松山勝弘(まつやままさひろ)