今回は、クエスト「救世の神都」のステージ「ガーディアン暴走」。

DSC_0002

敵セプターは、ザリオンとデリオンの2人。
3人でのシングル戦でした。

どちらもブックが変わっているようですが。
デリオンの方は違いがよくわからないですごめんなさい;;
一応特徴的なカードを挙げると。

クリーチャー「アーマードラゴン」。
G100、ST50、HP60、先制、秘術「G80、対象無属性クリーチャーのHP-30」。
セイントやデコイを簡単に潰されてしまいますね。
ゴブリンとレッドキャップのブックにとっても天敵です。

スペル「クイックサンド」「スラストブロウ」は相変わらず面倒ですし。
2枚ある「チャリオット」での移動侵略も多め。

アイテム「ターコイズアムル」は水・地即死60%&水・地無効化です。
これが2枚あるので水・地のブックは避けましょうと言いたいところですが。


ザリオン。
こちらは逆に火・風即死60%&火・風無効化の「トパーズアムル」を2枚持っています。
結局どれも同じですね;;
通常攻撃無効化や破壊系のアイテムで対応しましょう。

ザリオンも「クイックサンド」「スラストブロウ」を持っているので注意が必要ですが。
それ以上に恐いスペルは「アステロイド」「サブサイド」。

まずアステロイドですが。
対象領地のレベルを1下げます。
次にサブサイドの方は。
対象敵セプターの最もレベルの高い領地のうち1つのレベルを1下げます。

おそらくサブサイドは、最もレベルの高い領地が複数あればランダムに選定されると思われるので。
自分が使う場合を想定すると、一見アステロイドの方が便利そうです。

が、アステロイドはアステロイドを合成すると「対象領地のレベルを1にする」効果に変わり。
サブサイドはサブサイドと合成すると「対象は全てのセプター」に変わります。
まあ、それでもアステロイドの方が使い勝手が良さそうですが;;笑
サブサイドはサブサイドで強烈ですね。

どちらも魔力コストが100なので「レイオブロウ」の効果範囲内です。
使う場合はこの辺りも考慮に入れましょう。

…と、ザリオンの話に戻すと。
どちらも1枚ずつしか持っていないので合成される心配はありません笑
まあそれでもレベル5領地に使われるととんでもなく面倒ですね。
潰せるなら使われる前に潰しておきたいです(シャッターなど)。


2対とも援護クリーチャーの多いブックなのは相変わらずなので。
攻撃も防御も強いです。
2体が勝手にやり合ってくれれば楽ですが。
スイッチの切り替えチャンスが来たときにこれをうまく使うことも大切ですね。

今回は思っていた以上に苦戦しました;;





松山勝弘(まつやままさひろ)