先ほど、クエスト「闇に潜む者」のステージ「錯綜する記憶」に勝利したとき。
「ブリードドラゴン」というブリードカードを入手できました(名前は変更できます)。
レア度はEなので、制限付きの対戦では使用できませんね。

DSC_0001

ブリードカードはその名の通り。
自身で育て上げるカードです。
対戦に使うことでSPを稼げ(中断・再開した対戦ではSPを獲得できないそうです)。
メニューの「ブリード」から、ブリードパーツを使って強化します(パーツごとに消費するSPが違います)。


クエストを進めると新たなブリードカードを入手できるそうですが。
1つのブックには最大で2枚までしか入れられません。
ただ、2枚までという説明があった以上。
おそらくですが、3枚以上入手できるということですよね。

時間をかければ何枚でも入手できる、というのが一番理想的ですが。
一度強化したあと初期状態にリセットできるならそれでも構わないです。
…できるのかな?笑

DSC_0001

と思いさっそく調べてみたところ、できました!
各パーツを見ると、強化するときはSP以外にGpもいるようにも見えますが。
Gpの消費はされません。
リセットしたとき、Gpが払い戻しされるのですが。
その払い戻しされるGpの額に関係するのかと思うのですがどうなのでしょう。

リセットはできますが、一度使用したパーツは手元には戻ってこないのでご注意ください。
慎重に育て上げないと…。

もう一つ、リセットするとAGE0まで戻されます。
できるだけやらないに越したことはありませんね。


パーツはパーツパックで購入できます。
ブリードドラゴン入手とともに、パーツパックの「スタンダードパック」がオープンされました。

DSC_0002

Gp1000。
レア度N3枚、S1枚、R1枚。
Rを当てやすいのは嬉しいですね。

いきなり5パックほど購入してみましたが。
レア度Rは「戦闘中ST+(配置風属性クリーチャー数×5)」「火・風無効」「水即死」「風即死」「自破壊時、使用者はG100を得る」の5つです。

レア度Nには、単純なST+10やMHP+10、属性を変化させるものなどがあります。

パーツを付けると召還に必要な魔力コストがどんどん上がっていくので。
逆にST-10や召還条件(自領地1つ以上所持や手札1枚破棄など)を付けて召還コストを下げることも可能。

うぅ…本当に狙った通りのカードを作れるなんて楽しみすぎる!!


基本的なNパーツは、パックではなく直接選んで購入することも可能でした。
その中に「パーツ消去」というものがあったので。
余計なパーツを付けてしまったなと思っても、後でピンポイントで除去できます


とは言え、どんなカードに仕上げるか構想を決めてからパーツを付け始めた方が良いかもしれません。
ただ、SPを稼ぐにはブックに入れて使用する必要もあるので…。
あまり弱いカードだと対戦時に困る。

レア度の高いパーツの方は、育成方針が決まるまで温存しておいて。
とりあえずはレア度Nの、パック購入時に何枚も被りが出たものを中心に適当な育成をしておく。
というのも一つの手ですね。
リセットすればGpは獲得できますし。
Nパーツなどいくらでも当たるのでなくなっても問題ない。


ぼくはしばらく、初期状態のままブックに入れておきます。
どれくらいSPを稼げるのかもまだわかっていませんし。
今後新入荷される通常のカードパックを購入するためのGpも溜めておきたいので。

あ、パーツパックも今後の入荷はありそうですね。
じゃなければ「スタンダードパック」という名称は必要ないはずですから。

とりあえず全ブックに入れておかないとな…。

【追記始1】

入手できるSPは、おそらく一戦あたり5で固定かと思われます。
2戦連続で5だったので。

また、召還しようがしまいが。
それどころか手札に引いてこれなくとも、ブックにさえ入っていればSPを入手できました。
ちなみに、1戦目は手札に引いてこれず、2戦目は召還までしてどちらもSP5です。
あ、それと2戦とも勝利したので敗北時に関してはまだわかりません。


もう一つ。
ブリードカードにはAGEという項目もあって。
これも1戦ごとに1つずつ上がるようです。

AGEが上がることで、付けられるパーツの数が増えるとのこと。
さすがに無限に増えることはないと思いますが。
たとえ無限にAGEが増えたとしても。
パーツは付ければ付けるほど召還コストが上がるだけなので、別に問題はなさそうですね。

【追記終1】

【追記始2】

どうやら、敗北した試合ではAGEもSPも入らないようです。

それと、AGE10、SP55になってから成長が止まりました。
ここが上限だったようですね。
だとしたら経験値目的でブックに入れておく必要はもうないので。
育成方針を決めてから、必要なパーツ入手のためのパック購入と強化を始めます。

【追記終2】





松山勝弘(まつやままさひろ)