製品版での初クエスト、初ステージです!
あ、スタートダッシュverをやっていない方にとってはクエスト3つ目ですが。


クエスト「街の漂流者」たち、1ステージ目「孤独な刺客」。

3つ目のクエストを解放した時点で、貫通・即死・防魔・応援の効果を持つカードが新たに解禁されました(パック購入などで当たるように)。

DSC_0006

マップは「ナンバー8」と、敵セプターは「ナイトホーク」。
今回はマップも敵も初物ですね。


ナンバー8は回り方の工夫が必要そう。
基本的には、単純に最短距離だけを目指せば良いのですが。
その最短距離で進めるルートがいくつかあるので。
敵領地をどう避けるか、どこを自領地にするかがカギとなってきます。

分岐点の土地は誰もが最も多くの回数通るポイントなので。
敵から魔力をせしめやすくもあり、敵に侵略されやすいポイントでもある。
その分岐点の土地は複属性(カラフル土地)ですが。
地形変化よりも先に領地レベルを上げるのが得策でしょう。
後は、極力無属性のクリーチャーを配置しない。
配置せざるを得なかった場合は早めに別の属性クリーチャーと交換する、など。

そう言えば、他にも複属性の土地が多くあるので。
地形変化で連鎖を繋げるのも総魔力を早く溜めるためには必要ですね。


ナイトホークは風・地のブック。
マップの特徴のためか地形変化が頻繁で、その分領地レベル上げは少なくて助かります(止まっても魔力をあまり取られない、侵略しやすい)。
この戦闘中はナイトホークの手札に防御系アイテムは一度も見ませんでしたが。
1枚も入れていないのか、運によるものなのか、は後者かと。
後で、(おそらく)同じブックのナイトホークと戦ったときはむしろ攻撃アイテムが少なめで防御系アイテムばかり見られたので。

ナイトホークのカードで最も面倒に感じたのは「カクタスウォール」。
地属性、ST10、HP50の防御型クリーチャーで。
戦闘相手が水か風の場合は戦闘中にHP+50されるうえ再生持ちというなかなか厄介なクリーチャーです。
しかもぼくのブックは水と風がほとんどなので;;

勝負を始める前にブック編集しておいて本当に良かったです。
2つ購入したエコノミーパックからは火属性を計4枚入手できていますし。
それと無属性のクリーチャーでどうにか対応しました。

他は、隣接する領地が自領地だとST&HP+20される「タイガーウェタ」(元はST30、HP40)。
効果は特にないけど普通にステータスの高い「ティラノサウルス」(ST50、HP60)。
クリーチャーだとこのあたりがナイトホークの肝ですね。

スペルは、次から2回のダイスを6~8にする「ヘイスト」。
後はお馴染み「バイタリティ」や「ホーリーワード6」あたり。


総魔力3000くらいまではお互いに並行していましたが。
ちょうどこの頃に、ぼくの手持ちにホーリーワードが3枚も揃い。
とりあえずレベル4の自領地に止まるように1枚目を使用。
ホーリーワード6でかわされても、次のターンにもう1枚使えばまた別のレベル4領地に止まらせられるという状況になりました。

ここで魔力を大幅に奪ってからは早かったです。
後は、手に入れた魔力で連鎖している風属性の領地のレベルを上げていき。
残ったホーリーワードでもう一度陥れれば勝利できました。


勝てばステージ2つ追加。
下の方はマップ「ナンバー8」、右は「スパイクス」。

DSC_0008

さらに新たなカードパック「スタンダードパック」が解放されました!
このパックから、レア度SやRのカードも入手できるようです!

もちろん、さっそく購入しにいきます。





松山勝弘(まつやままさひろ)