※本ブログの3DS「ZERO ESCAPE 刻のジレンマ」のプレイ日記にはネタバレが多く含まれます!!
※答を知りたくない方は特に、本ブログの記事を読まないようにしてください!!
※本ブログの記事を読む場合はネタバレに関して自己責任でお願いいたします。


本日より、「ZERO ESCAPE 刻のジレンマ」のプレイを開始しました。
前作「善人シボウデス」はプレイ済、シリーズ1作目「9時間9人9の扉」は未プレイです。
vita版もありますが、ぼくは3DS版の方を購入しています。
これ以外の現在プレイ中のゲームにvitaソフトが多かったというだけの理由です笑

プレイ日記のペースですが。
前作の謎解きパートで攻略サイトを見ないと自力では解けなかったものがあり。
今回は自力のみでクリアするつもりなので。
プレイ日記は一定のペースで書けない可能性が高いです。
ご了承ください。


さてプレイ開始後。
イベントムービー、会話自動進行で進められますが。
Yボタンや下画面タッチでメニュー画面を開けばいつでもセーブできるようでした。


セーブについてはこれで良いとして。
進め方で大事なのはフローチャート。
(前作経験者にとってはこの先は読む必要のない説明です。)

DSC_0003

この先、何かしら選択を迫られる場面が何度もあるでしょう。
選択次第でその先のシナリオや挑戦できる謎解きパートが変化します。

フローチャートはメニュー画面から確認でき。
このフローチャートの各ポイントのいずれかを選択すると、その場面に飛ぶことができます。


例えば。
最初の選択肢はコインの赤か青かでしたが。
ここで赤を選択したあと「やっぱり青が良かった」とか。

もしくは赤を選んだ先のシナリオを全部見終わって。
「青を選んだ場合どうなったかを知りたい」とか。

そういった場合に、フローチャートでこのDecision「表か裏か」というポイントを選択すれば、コイン選択画面からやり直すことが可能です。
やり直しと言うか…。
セーブしているなら赤を選んだ先のシナリオもフローチャートに載るので。
全フローチャートを埋めるのがこのゲームの本来の目的ですが。


前作と同じなら、おそらく全フローチャートを埋めないと物語の核心がわからない。
ついでに全謎解きパートを経験できないという面もありますし。
アドベンチャーを楽しむにも謎解きを楽しむにも、絶対にフローチャートで以前の場面に飛ぶ必要があります。

ひとまずは細かく戻るのではなく、1ルートずつこなしていきいろんなエンディングを楽しむのが良いかと。

ZERO ESCAPE 刻のジレンマ
スパイク・チュンソフト
2016-06-30

ZERO ESCAPE 刻のジレンマ (特典なし)
スパイク・チュンソフト
2016-06-30

松山勝弘(まつやままさひろ)