体育館の鍵を手に入れたところで。
いよいよウィキッドとの戦闘が待っています。

2016-06-28-144737

体育館を調べるとアリアから準備は良いかを聞かれ。
「行こう、鳴子を助けに」を選択し、イベント開始。

戦闘前に鳴子は助けられますが、パーティに入れることはできませんでした。
ぼくは鳴子がメインメンバーでレベルも高いのでちょっと辛かったです;;

2016-06-28-145201

ウィキッドのレベルは26。
シャドウナイフを倒す実力があれば、普通に勝てる強さでした。

シャドウナイフのように動き回るタイプで。
いろんな属性のスキルを持っています。

まず開始早々に短時間で終了するガードを展開していたので。
主人公のガードブレイクでさっそく潰して。

その後はイマジナリーチェインで確認しながら、打撃カウンターや射撃カウンターをところどころに叩き込む。
おかげで、この戦闘ではリスクブレイクを2回も起こせました。
どっちも2人が奥義派生させています。
…ということを踏まえると、なかなかタフですねウィキッドは。

2回目のリスクブレイクのあとに攻撃スキル2発でようやく終了。


7章も終わり8章に突入。
そろそろエンディングも見えてきましたね。





松山勝弘(まつやままさひろ)