※本ブログの3DS「逆転裁判6」のプレイ日記にはネタバレが多く含まれます!!
※答を知りたくない方は特に、本ブログの記事を読まないようにしてください!!
※タイトルでのネタバレを極力防ぐ、まとまりごとに区切って記事を書く、写真を減らす、改行を多く入れるなどの工夫はしていますが、本ブログの記事を読む場合はネタバレに関して自己責任でお願いいたします。


アマラの2回目の証言開始。


「…感心しましたわ…」でゆさぶる。

「しかし、あなたの推論を…」でゆさぶる。
選択肢で「現場にいたと証明する」を選択。


「わたくしが現場にいた証拠…」で「赤い蝶のペンダント」をつきつける。

ドゥルクのものではないと証明できる証拠品に関して。
「ドゥルクの死体写真」をつきつける。

赤いペンダントがドゥルクの物ではない証拠に関して。
左手の上、胸部と腹部の間あたりにある青いペンダントにカーソルを合わせてつきつける。
「赤い蝶のペンダント」更新。


無罪判決が出ようとしたとき、レイファが待った!

まだ審理を続けるべきかに関して。
「審理を続ける」を選択。

この事件でまだ明らかになっていない事実に関して。
「事件の動機」を選択。


アマラが動機について語りだしたところで腕輪反応。

「午後2時。霊媒の儀の」で、左手中指にカーソルを合わせてみぬく。
「霊媒の儀の写真」更新。

ガラン検事でないのならこの写真の人物が誰なのかに関して。
「アマラ・シガタール・クライン」をつきつける。

アリバイが崩れた人物に関して。
「ガラン・シガタール・クライン」をつきつける。


ここでアマラが撃たれて退場!
セーブ画面が開かれ休廷に入ります。(続きの記事はこちら





松山勝弘(まつやままさひろ)