※本ブログの3DS「逆転裁判6」のプレイ日記にはネタバレが多く含まれます!!
※答を知りたくない方は特に、本ブログの記事を読まないようにしてください!!
※タイトルでのネタバレを極力防ぐ、まとまりごとに区切って記事を書く、写真を減らす、改行を多く入れるなどの工夫はしていますが、本ブログの記事を読む場合はネタバレに関して自己責任でお願いいたします。


バアヤの証言を解き崩し。
アマラが姿を現す。


ここからアマラの証言が始まります。

「あなたの愚かでヤバンな推理を…」でゆさぶる。
「事件後、わたくしは霊廟に…」でゆさぶる。
「あなたが正しいなら…」でゆさぶる。
「犯人は我が夫…」でゆさぶる。


ここでイベント。

アマラ様が現場から姿を消し去った方法に関して。
「霊媒をした」を選択。
証言に「この事件の被害者は大臣さまだけ…」が追加される。


「この事件の被害者は大臣さまだけ…」でゆさぶる。


「この事件の被害者は大臣さまだけ…」で「ナゾの血痕」をつきつける。

アマラさんが霊媒したもう1人の死者に関して。
「ドゥルク・サードマディ」をつきつける。

遺体を隠した場所に関して。
カーソル初期位置(棺を指している状態)でつきつける。
「ドゥルクの遺体写真」をファイル。

その時のドゥルクは誰が霊媒していたかに関して。
「綾里 真宵」をつきつける。

真宵さんに変わってドゥルクを霊媒するために潜んでいた人物に関して。
「アマラ・シガタール・クライン」をつきつける。


続けて、アマラの2回目の証言です。(続きの記事はこちら





松山勝弘(まつやままさひろ)