※本ブログの3DS「逆転裁判6」のプレイ日記にはネタバレが多く含まれます!!
※答を知りたくない方は特に、本ブログの記事を読まないようにしてください!!
※タイトルでのネタバレを極力防ぐ、まとまりごとに区切って記事を書く、写真を減らす、改行を多く入れるなどの工夫はしていますが、本ブログの記事を読む場合はネタバレに関して自己責任でお願いいたします。


第5話はオドロキくんスタート!
でもドゥルクがいきなり現れたりとクラインとも密接に関りそうですね。


まずはそこら中調べてやり取りを楽しんだのち、会話。

話す「ドゥルクについて」。
話す「育ての親」。

話す「依頼」。
面白そうなので依頼を受けるかの選択肢で「断る」を選択しましたが、結局受けることに;;笑

話す「秘宝"始祖の宝玉"」。
「始祖の宝玉」をファイル。
「父の写真」をファイル。


ナルホドくんも日本に帰ってくるみたいですね。
すでにココネが迎えに行っているとのこと。
もしかして今回が最終話なのかな?


ひとまずシナリオ進行のため、移動で「倉院の里」へ。

ここでアカネ登場。
何やら事情がありそうですが。
博士のところまで案内してくれるそうなので、一緒に行くことに。

移動する前に調べると話すをすべて終わらせて。
「倉院の里 博士の研究室」へ移動。


ここで博士が昨晩に事故死していたことを知る。

話す「博士の事故死」。
話す「始祖の宝玉」。
話す「ドゥルク」。


ここからお宝探し開始。
ちなみにアカネと話し終えるまで調べられません。

調べる「右手前の下駄箱」。
調べる「本棚」。
調べる「下駄箱の左、雨合羽」。
調べる「テーブルの上、パソコン」。

調べる「遺体の白線」。
「研究室の現場写真」をファイル。
「研究室の上面図」をファイル。

調べる「白線の左下、白い絵」。
調べる「窓の右、金色の飛行機のようなもの」。
調べる「窓」。
調べる「窓の左、土偶」。
調べる「土偶の左、掛け軸」。


十字キー左で視点変更。

調べる「床の白い絵の上、ノート」
「研究ノート」をファイル。

調べる「掛け軸の左、机」。
調べる「画面左、壁画」。
調べる「画面左、らせん階段」。
調べる「金色の像」。
調べる「ツボ」。


調べる「トランクケース」。
ここで何故か指紋検出開始。

初期位置からすぐ下の赤いシールと緑のシール。
この辺りで指紋検出できました。

決定して、「ダッツ・ディニゲル」をつきつける。
指紋照合一致。


これでダッツを探しに行くことになります。(続きの記事はこちら





松山勝弘(まつやままさひろ)