※本ブログの3DS「逆転裁判6」のプレイ日記にはネタバレが多く含まれます!!
※答を知りたくない方は特に、本ブログの記事を読まないようにしてください!!
※タイトルでのネタバレを極力防ぐ、まとまりごとに区切って記事を書く、写真を減らす、改行を多く入れるなどの工夫はしていますが、本ブログの記事を読む場合はネタバレに関して自己責任でお願いいたします。


イソダの証言を解き進めて。
プーコの2回目の証言が開始されるところまで来ました。


「確かにその時間帯に…」でゆさぶる。
「中には師匠とイソダが…」でゆさぶる。

「師匠のメモがあったさかい…」でゆさぶる。
証言に「師匠の周りに気になるモノは無いし…」が追加される。


「定吉が香水の匂いを…」でゆさぶる。
「師匠の周りに気になるモノは無いし…」でゆさぶる。


「師匠の周りに気になるモノは無いし…」で「現場写真」をつきつける。


引き続き、プーコの3回目の証言開始。


「少しでもソバに触れると…」でゆさぶる。
「あんなに粉をまき散らしたら…」でゆさぶる。
「見てみい、師匠のなきがらに…」でゆさぶる。
「師匠の着物にソバツユがしみこんで…」でゆさぶる。
「せやから、楽屋で殺人なんか…」でゆさぶる。


すべてをゆさぶるとイベント発生。

ソバアレルギーの風子さんに犯行が可能である証拠に関して。
「師匠のメモ」をつきつける。

師匠のメモと、すする君の言葉が導き出してくれた答えに関して。
「師匠はウドンを打っていた」を選択。


ここでココネの思考タイム!

師匠が楽屋で作っていたものに関して。
「ウドン」を選択。

現場のドンブリの中に残されていたものに関して。
「ソバ」を選択。

現場に残されたソバはどこから持ってきたのかに関して。
「師匠のソバストック」を選択。

犯人がソバを用意した理由に関して。
「ウドン生地を隠したから」を選択。

なぜ犯人はウドンの生地を持ち去る必要があったのかに関して。
「ウドン生地で師匠を殺害したから」を選択。


思考タイム終了。
でもこれって思考タイムが必要なレベルのものではないような…笑

そして真の凶器の隠し場所を示す証拠品に関して。
「夕神の証言書」をつきつける。


あとは会話を読み進めて…。
無・罪・判・決!!

最後の、師匠の想いが隠された証拠品で「内舘庵の権利書」を選択。
これで第4話も終わりです。(第5話の最初の記事はこちら





松山勝弘(まつやままさひろ)