※本ブログの3DS「逆転裁判6」のプレイ日記にはネタバレが多く含まれます!!
※答を知りたくない方は特に、本ブログの記事を読まないようにしてください!!
※タイトルでのネタバレを極力防ぐ、まとまりごとに区切って記事を書く、写真を減らす、改行を多く入れるなどの工夫はしていますが、本ブログの記事を読む場合はネタバレに関して自己責任でお願いいたします。


今回で第1話のラストまでいきます。
ポットディーノの3回目の証言開始からです。


「こじ開けられたのさ…」でゆさぶる。
選択肢で「カギがちがう」を選ぶも間違えた様子。


「こじ開けられたのさ…」でゆさぶる。
同じ選択肢で「開け方がちがう」を選ぶと。
「施錠を開ける真実の方法?…」が証言に追加される。


「施錠を開ける真実の方法?…」でゆさぶる。
選択肢で「箱の方」を選ぶ。
「遠く7世紀…」が証言に追加される。


「遠く7世紀…」でゆさぶる。
じゃあカギの方に何かが隠されているという話になり。
ポットディーノが「このミタマのカギ」というセリフを吐く。
選択肢で「変更してもらう」を選択。
「ミタマのカギを使わず解錠…」が証言に追加される。

…と言うことは、「施錠を開ける真実の方法?…」の時に「箱の方」は間違いだったわけですね;;
遠回りしてしまった笑


「ミタマのカギを使わず解錠…」でゆさぶる。
特に意味なし。
これ以上ゆさぶる必要がないと判断しました。


「ミタマのカギを使わず解錠…」に合わせて「マガタマのカギ」をつきつける。

付随して「ミタマのカギと始祖の宝玉の、重大なつながりを示す証拠品とは?」に関して。
「儀式の歌」をつきつける。


選択肢で「上下を逆転させる」を選択。

続いて、「ミタマのカギを使うべき本当の場所は…!」に関して。
証拠品を回転させ、クライン蝶にカーソルを合わせ○ボタン。


ここまでいけば後は会話のみ。
つまりは…。

DSC_0008

逆転無罪です!!
やっとクリア!!


1つの事件でなかなかボリュームあるんですね。
と言うか演出に時間を取られただけか?
過去作やったことがないからいつもこうなのか今作だけなのかはわかりませんが;;

結構シビアと言うか、決定的におかしいところを突かないと失敗することには焦りました。
罰を5回も喰らい、終盤でゲームオーバーになってしまいましたし(同じところから即再開できましたが笑)。
次はもう少し慎重に、一度もゲームオーバーにならずにクリアしたいです。


ひとまずこれで、第1話「逆転の異邦人」は終了。
これで初回特典の追加エピソードも見れますね。
初回特典終了後、続いて第2話に入っています(第2話の最初の記事はこちら)。

逆転裁判6
カプコン
2016-06-09

松山勝弘(まつやままさひろ)