まず、コインケースをまだ持っていないという方は先に入手してください(詳細はこちら)。

コインケースを入手したら、魔物を倒した時に確率でモンスターコインをドロップするようになります。
素材採取のキラキラポイントややくそうなどと同様、コインに近付けば勝手に拾う。

ここで画面左下に注目。

2016-05-28-193827

拾ったコインは画面左下のこの位置に収納されていくのですが。
よく見てください。
「スマイルロック」のサイズと「ゴーレム」のサイズが違いますよね。

実は、手持ちに置いておけるモンスターコインは「8枠まで」なんです(今後増やせるかは不明)。
スマイルロックは2枠、ゴーレムは3枠が必要で、なのでスマイルロック1枚とゴーレム2枚でちょうど8枠が埋まっている形です。
新たにドロップされたモンスターコインを取れない状態のとき(8枠全部埋まっている場合だけじゃなく、6枠埋まっている状態で3枠必要なゴーレムのコインは取れない、なども)。
そのコインに近付いてもコインはその場から動かず落ちたまま。
別枠にストックしておく、なんてことができません。

コインは、拾わず時間が経てば消えてなくなります。
もし今持っているコインよりも欲しいコインが落ちているなら、今あるコインのうちどれかを使ってしまいましょう。
十字キー左右で使うコインにカーソルを合わせて、十字キー上で使用するだけなので。

ちなみにスライムベスなど1枠だけで良いモンスターコインもあります。
1枠のコインだけなら8枚まで持っていられますね。


拾ったコインですが。
エリアを移動するとなくなります。
例えば、今は「ゴルダ砂漠」にいますが。
「ゼビオン」に戻ったり「グリーネ草原」にルーラで飛んだりすると、手持ちのスマイルロックやゴーレムのコインがすべてなくなる。
8枠中0枠の状態になります。

残しておいてもどうせなくなるので、積極的に使ってしまっても良いわけです。


あとはモンスターコインの種類について。
モンスターコインには、「アシスト」「サポート」「ヘンシン」という3タイプがあります。

2016-05-28-192350

例えば、スマイルロックは「アシスト」。
アシストタイプは、そのモンスター自体を呼び出します。
呼び出されたモンスターは呼び出された瞬間、個々に設定された攻撃をその辺の敵にかまします。
ただし、その攻撃が終わればすぐに消えていなくなる(当然、コインもなくなる)。

2016-05-28-211054

どろにんぎょうなら「サポート」。
サポートタイプもそのモンスター自体を呼び出すのには違いありませんが。
アシストタイプと違い、そのモンスター自身に設定されている体力がなくなるまでフィールドに居続けます。
やってくれることは攻撃か補助かなどそれぞれ違い。
基本的には操作中キャラの近くで戦い続けてくれるようですが。
状況に応じて、守るべき対象を守り続けたり攻め上がったりするなど、臨機応変に行動するんだとか。
かなり便利そうですが1つだけ注意。
呼び出したモンスターの体力が残っている間は、手持ちのモンスターコインは消えません。
つまり、使った後もなかなか枠が空かない。
すぐに枠を空けたい場合はアシストタイプを使用するのが無難です。

2016-05-28-192449

最後は「ヘンシン」タイプ。
ゴーレムなどがそうです。
ヘンシンタイプのコインを使用すると、使用者(現在操作中のキャラ)自身がその魔物に変身します。
そう、ヘンシンタイプのコインは唯一、モンスターを呼び出すタイプのコインではありません。
変身中は操作キャラのチェンジができないなど一部の行動に制限がかかるので使用するタイミングの見極めが肝心ですが。
その分、例えばゴーレムなら攻撃がすごく強力。
そうでなくとも単純に、人間だけじゃなく魔物を操作できるのは楽しいので(笑)、ぼくはヘンシンタイプのコインが一番好きです。
一定時間が過ぎると変身は解けます。


モンスターコインについてはこんなところです。
重要なバトル中でも魔物たちはコインをドロップするので。
ボス戦などでは拾ったばかりのコインを即使用する、などは頻繁に起こりそうですね。

ちなみにコインの色が違う件。
最初はレア度とかかなと思っていたのですが、もしかすると「必要枠数」によって違うんじゃないかと。
コインの下に、スマイルロックなら星が2つ、どろにんぎょうなら星が1つ、ゴーレムなら星が3つ付いていますよね。
それぞれ必要な枠数と同じです。
もしレア度のことだったならかなりの偶然ですが;;





松山勝弘(まつやままさひろ)