パワフェス三回戦対戦相手の「神楽坂グループ」について。

能力は全体的に高い方。
打線はとりあえずクリーンアップに気を付ける必要はあるが。
すごく恐いという打者はいないので失点を抑えるのはそこまで難しくない。

得点を重ねるのはやや難しい。
キャッチャー六道が「ささやき戦術」持ちなのも地味に痛いし。
先発の神楽坂は頑張パワフルズ「館西 勉」の強化版のようなピッチャー。
スタミナもコントロールも高いうえ変化球種は4つ。
そのうちカーブは5も曲がる。
その他の変化量は1だけなので、これらの変化球と直球を狙いたいが。
好調で変化量が上がるとさらにやりにくい。
配球を読んだり球の回転を見ながら確実に捉えていくこと。
一試合かけて打ち崩すくらいの気持ちでいけばどうにかなる。
が、大量得点は難しい。
なので失点を最小限に抑えないと勝てません。

ただ、加入候補3人のうち1人はマネージャーなので。
2点差で全員仲間にできるというのは気持ち的に少し楽。
キャプテンの神楽坂はエースとして活躍させられるので、1点差勝利で1人(+マネージャー)のみの加入でも十分に戦う価値はあるし。
六道は捕手としてそこそこ役立つので、2点差を付けられるとさらにおいしい。
勝利報酬アイテムが「広角打法の書」なので、打者育成時に戦いたい相手です。


経験値→66~
勝利報酬→広角打法の書
加入候補→3人


・神楽坂 光彦(キャプテン)~エースとして十分に活躍させられる先発投手。特殊能力は少ないが、気にならないほどの能力値を持つ。多彩な変化球が特徴で、それぞれ変化量が3ある。カーブだけは変化量が7なので、これで空振りを取れる。さらに直球も153km/hと速い方なので、三振を量産できるタイプの投手。野手としての能力は低めだが、ミート打ちならヒットくらいは打てる程度なので先発を任せても何の問題もない。

「加入時特典」
敏捷 10
技術 10
変化球 10

2016-05-22-180612

「最大レベル能力」
球速 153km/h コントロール B71 スタミナ A87
スライダー 3 カーブ 7 スクリュー 3 シュート 3

守備位置 投手(先・中・抑)
サブポジ なし
特殊能力 打たれ強さB

(野手能力)
弾道 2
ミート D53 パワー E47 走力 D57
肩力 B73 守備力 D57 捕球 C63


・六道 聖~肩が少し弱いのが気になるが、ささやき戦術を持つので捕手としてはまあまあ使える。他に優秀な捕手は何人かいるので常にスタメンマスクを預けられる選手ではないが、まだ捕手を確保できていないときに仲間になる分にはかなり嬉しい選手。打者としてはミート打ちが基本。でかいミートと適度なパワーでクリーンヒットを量産しやすい。足が遅いので必ず外野に飛ばすこと。

「加入時特典」
技術 30
変化球 10
精神 10
キャッチャー Lv1

「最大レベル能力」
弾道 2
ミート B72 パワー D50 走力 F32
肩力 D56 守備力 A86 捕球 A88

守備位置 捕手
サブポジ 一塁手(守備力C60)
特殊能力 キャッチャーA、送球B、調子安定、バント○、ささやき戦術、ミート多用、慎重打法


・日和 ミヨ(マネージャー)~100%ではないが、敗戦時に再試合をもちかけてくれるすごく便利なマネージャー。操作慣れしておらず勝率の低いうちは日和 ミヨにマネージャーをさせておくと良い。ちなみに、経験値は勝敗が決した一度のみしかもらえない(つまり、再試合狙いでわざと負けて何度も経験値をもらうということは不可能)。それと、敗戦時に先発していた投手は疲れ、疲れていた投手は回復している。調子も全員変化。

「加入時特典」
精神 25

「マネージャースキル」
バッターお助けスキル : 初級○、対左投手A、ムード○
アシスト効果 : 敗戦時、ゴーインに再試合をもちかける
経験点ボーナス : 精神





松山勝弘(まつやままさひろ)