2度目のチュートリアルバトル、おおもり山でのトレーニングを終えるとイベント発生。

DSC_0018

…お前らかい!笑
話を解決させるために、ワカメくんとコンブさんのいる「さんかく公園」に向かうことに。
ここで「しゅつげき」の説明が入りました。

三国志の世界に来る前は「いどう」をしましたが。
あれは自身の所有施設間を行き来するためだけのもの。
要は「さんかく公園」が敵勢力なのもののでバトルに勝利して奪い取ってしまおうというのが「しゅつげき」ですね。

DSC_0021

出撃時には自軍と敵軍の勢力の合計数値が出されます。
圧倒的に強い相手に挑むときは「トレーニング」で実力をつけてからの方が良さそうですね。


出撃したところでまずは「スキル」について。
これは各妖怪が持っている、自動発動効果のことですね。
チュートリアルでは「りゅーくん劉虞」がピンチになったときに発動されましたが。
今のところ、ピンチじゃなくとも常に発動されているスキル持ちの妖怪の方が多くいるようです。

「とりつく」は指定した相手に補助効果をもたらすコマンド。
良い効果なら味方に、悪い効果なら敵に。

そして「ひっさつわざ」。
バトルマップ上に落ちている「妖気玉」を拾うことで妖気ゲージが溜まり。
それを消費することで出せる特別な技。
しかも…。

DSC_0025

ミニゲームは健在でした笑
妖怪ウォッチで必殺技を使用するときのミニゲームとはやや趣向が違いますが。
ミニゲームをしっかり成功させれば必殺技の威力を増すことができるようです。
逆にミニゲームに失敗しても必殺技自体は出すことができるんですね。


バトルに勝利し「さんかく公園」を入手。

DSC_0027

すると「施設効果」なるものが発動しました。
その施設を持っているだけで起こる効果のようです。
と言うことは施設を増やせば増やすほど強くなれるということか。

DSC_0029

ついでにメカブちゃんがともだちになりました。
ワカメくんとコンブさんは?笑


松山勝弘(まつやままさひろ)