宇宙の卵を「破壊しない」ルートで進んでいます。

YHVHの宇宙を攻略していき。
4thブレーンの奥でサタンを撃破。
サタンにYHVHの元へ連れて来てもらい。
3つ目の扉を開けると同時にイベント&戦闘開始です。

DSC_0001

YHVHのレベルは当然99。プレスアイコンは3。
全属性に耐性があります。
こっちのルートではフリン&サタンが別パーティとして参戦するので。
今回もフリンのスキル「神殺しの剣」を使えます。
これで敵の耐性を消したり、運が良ければ弱点にしてしまうことも可能ですね。

所持スキルは…。
ラスタキャンディ、ランダマイザ、スマイルチャージ、神の調和(「すべての効果を打ち消した」=全補助スキルリセット?YHVHの防御が下がったままだったので効果範囲は自軍のみっぽい)。
神の業火(火炎全体、貫通)、神の雹撃(氷結全体、貫通)、神の竜巻(衝撃全体、貫通)、神の雷光(電撃全体、貫通)。
ゴッドボイス(万能単体、即死 100%?)、神の御業(万能、全体HP1に)、創られし災禍(万能単体)。
神の波弾(物理単体)。静寂(何も起こらない)。


敵の先制で「ラスタキャンディ」を2回かけられ(3行動目は「静寂」)。
続いてイベントが起き、主人公パーティ全員の全能力アップ。

一定ダメージ以上か何かで選択肢出現。
その後は自ターンやフリンターンのたびに選択肢です。
YHVHが「憐れみ」やら「和平」やらをテーマに語ってきて。
そのことに関して「○○を否定する」という選択肢が3つ。
間違った選択肢を選べば「我は動じない」とかそんなことを言われます。

直感でそこそこ当たりましたが。
外れた時もYHVHには普通にダメージを与えられたので。
さほど重要でもないように思えました。
逆に敵の火力が高くなったということもありませんでしたし。

一応、正解だった選択肢を。
「○○を否定する」の○○に当たる部分だけ書きます。
「神の国」「慰め」「継がれる地」「満ち足りること」「憐みを受ける幸福」「神がYHVHであること」。


倒せば今回も形態変化してきました。

DSC_0001

ステータス変化はお互いリセット。
敵の耐性も元通りっぽいので、フリンの「神殺しの剣」で再度弱体化させないといけません。
ついでに敵のレベルは100に。プレスアイコンは3のままです。

確認した所持スキルは…。
無限大の力(ニヤリ&自身全能力最大)、永遠の呪い(全体全能力最低)、ブラックホール(全体MP吸収)。
たたきつぶし(物理単体)、暴れまくり(物理複数体、回数は8~12回程度?)。
神の雹撃、神の雷光。
スーパーノヴァ(万能全体、威力特大?)、創られし災禍、ゴッドボイス。
憤怒(何も起こらない)。

他にもありそうですね。
形態変化前に使っていたものの中に。

最後に選択肢が出ますが。
「止めを刺さない」を選択してもエンドレスなので「止めを刺す」を選びましょう。


とりあえず開始早々のデカジャを忘れないように。
敵はラスタキャンディが2回かかった状態なので。
それだけ注意すれば前半戦は勝てます笑
と言える程度の強さです。

形態変化後ですが。
HPが高い!のに強い!
…ラスボスなので当たり前なのですが(馬鹿コメントすみません笑)。
とりあえず敵の先制で「無限大の力」を使われるので。
デカジャorデカジャの石と、できればマガオンも使っておくこと。

フリンのパーティは最後まで生かすことを考えましょう。
フリンもサタンもすこぶる便利です。
最低でも狙っていた属性が弱点になるくらいまでは生かしておきたい。
フリンパーティのアイテムも惜しげなく使う事。

主人公パーティにはとりあえずドーピングをしておきたいかな。
ランダマイザよりはラスタキャンディを先に使う(消費MPがより低いので)。
形態変化後はランダマイザとラスタキャンディを1段階ずつでもok。
宝玉輪とグレイトチャクラ、招来石あたりはこの戦闘で全部使っても良いくらい。
最終決戦まで最大所持を維持しておきたいです。
デカジャの石とデクンダの石もいくつか使うがこっちは余りでも十分かと。
仲魔は物理に対し無効以上の3体で固めておくとピンチが減りチャンスが増えます。


「神殺しの剣」の運が良ければ、女神はトキでも勝てるということが判明しました。
ぼくのパーティは、レベル高め&弱点なし&無効以上多めで組むと物理属性軍団になったんです。
それ故、形態変化後の「神殺しの剣」では物理耐性を物理弱点まで下げれるとありがたいところ。
これが4戦目で成功しました(敗けること3回…笑)。

トキが一番お気に入りだったからという理由で選択してしまいましたが、勝てて良かったです;;
最悪の場合は難易度を下げることまで考えていました;;

倒せばエンディング。
長いシナリオもようやく終わりを遂げます。





松山勝弘(まつやままさひろ)