東狂のB3~B5Fで出て来るエンカウント悪魔のレベルは74。
B5Fにいる魔人は「マタドール」です。

DSC_0001

マタドールのレベルは87。
氷結弱点、物理・銃・破魔・呪殺耐性です。

攻撃スキルは、暗夜剣、冥界破、霞駆け、モータルジハード、血のアンダルシア(物理4~12回攻撃)、ティタノマキア。
補助スキルは、挑発、デカジャ、会心の眼力。
ついでに「ソウルドレイン」でHP・MPを大幅に吸収してくることもあります。
ソウルドレインと会心の眼力、ティタノマキアの3つは終盤で初めて使われました(偶然かは不明)。

「血のアンダルシア」ですが。
序盤は4回ばかり、中盤は8回ばかり、終盤は12回ばかりでした。
8回と12回は正確に数えきれなかったので「たぶん」ですが;;

ご覧の通り、物理属性の攻撃スキルしか持っていません。
が、おそらく自動スキルに「物理貫通」的なものを持っているのでしょう。
テトラコワースなどの特殊な行動もなしに全物理属性スキルを相性貫通されました。
それ故「テトラカーン」も無意味です。使わないように。


今回もパートナーはトキを推奨します。
東狂のボス戦は短期決戦必須なので、敵の防御力を下げる確率が高いキャラがやはり便利。
ランダマイザも使い早めに敵の防御力を3段階ダウンした状態を作ること。
そしてラスタキャンディで自軍の攻撃力を1段階アップした状態を常に保つことです。
デカジャを使われたらすぐに使い直し、挑発で逆に攻撃力を上げてくれたらラッキー。

自軍の回避率アップや敵の命中率ダウンも重要です。
反射を張っても貫通されるため外させるしか術がありませんから。
会心の眼力を使いだすまで回復がほとんど要らず、楽できます。

後はデイビット戦同様。
高火力スキルでバンバン攻撃を続けるだけです。
今回の敵はマカラカーンを持たないので氷結属性スキル持ちで固めたいですね。
ぼくは高レベルで氷結属性スキルを覚えているのがヴァスキのみだったので大変でしたが。
それでも2回の戦闘で倒せました(計16~17ターンくらい?)。

ヴァスキの覚えていたのが「ブフダイン」よりさらに高火力の「アイスエイジ」でしたし。
主人公にもことある毎に「ブフーラストーン」を使わせ、プレスターン数を稼いだのも一因かと。


マタドールを倒せば特殊合体解禁と。
「回復の戦術書(仲魔の+回復適性を更に1上昇させる)」をドロップします。





松山勝弘(まつやままさひろ)