追憶の回廊6部屋目にいたのはこいつ。

DSC_0001

キャプテン・クロウ!

アルゴンの次にこいつとは、順番バラバラですね笑

DSC_0002

名前もてっきり追憶のキャプテンかなと思ったのですが「追憶のクロウ」の方でした。


アルゴンと同じく3回行動。
テンションを上げてからの「しんくうは」が面倒です。

頻度は少なめですが痛恨の一撃もあり。


ただ…。
ボスの中では珍しくゼシカのお色気がよく効きます。
「ゼシカにみとれて動けない」が何度か出てきて。

追憶の回廊内でゼシカにみとれたのはモグラの子分とくさった死体、がいこつの3体でいずれも取り巻きの雑魚。
ボスの中では初めてみとれてくれました。

テンションを上げたあとすぐにこれが出るとテンションも元に戻ったりと、結果的にかなり楽な戦いになりました笑


代わりに耐久力が高めです。
普通に攻撃や呪文を使っただけでは100~200程度のダメージしか与えられません。

しかも「いてつくはどう」を持っているのでバイキルトもあまり効力を持たず。

なので、ふしぎなタンバリンかモリーエールを使ってテンションを上げるのが有効です。
テンションが2段階上がっている主人公のはやぶさ斬りで一気に1000前後のダメージを与えられました。



追憶のクロウまで倒すと、入り口からショートカットをできるようになります。

DSC_0002

このマップの通り。
入口の部屋にはボスがいないので、7部屋目が6体目のボス「追憶のクロウ」の生息地。

入口から次の部屋までショートカットできるようになるので、竜の試練など他にやることを残している方は一休みして別の作業に移りやすくなったわけですね。



これまでも部屋と部屋の間に宝箱がいくつも落ちていましたが、このショートカットの道にも落ちているのでご注意を。

さらにこの道の石碑には意味深なメッセージが残されていました。

DSC_0001

むむ…一体どういう意味なのか?

ま、先に進めばわかるでしょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)