竜神王戦や竜の試練では相当際どい勝負を強いられました。
その上、竜の試練2回目はさらに強くなっていると言われ…。

ついにレベル上げに乗り出すことに決定しました。
(そもそもレベル40強でエンディング後をコンプリートしようというのが間違いだったんですけどね笑)


以前メタルだらけの場所を見かけたようなという記憶だけを頼りに、神鳥のたましいを使用し「ライドンの塔」の隣の高台へ。
うろ覚えでしたがビンゴ!

はぐれメタルやメタルキングがうようよ湧いて出てきます。



…が問題発生。

主人公の はやぶさの剣・改+メタルぎり 以外にメタル狩りができそうなものがないっ!笑


そのせいで最初ははぐれメタル一匹狩るのにも苦労しました;;

余ってたスキルのたねを主人公の槍スキルに全弾投入。
ヤンガスとモリーはレベルが上がりスキルポイントを取得するたびに各自メタル狩り用のスキルを覚えられるところに割り振り。

メタル狩り向きの会心技を覚えられるのがこの3人のみだったので、残る1人はゲルダにしました。

ピオリムで素早さを上げておけば2ターン目以降先制攻撃できる確率が上がりますし、オート盗むなどのスキルが発動すればアイテムやゴールドを余計に取得できるので。



まじんぎりなどの会心技を覚える前のレベル上げ開始時点から換算して、全員をレベル90超えにするまでかかった時間は7時間ほどです。
最初から会心側にスキルポイントを振っていれば5時間もかからなそうですね。

…と言うかその場合、ラプソーンを倒す前に寄り道せずとも出て来るメタルたちも何体か狩れるのか。
そうすると初めてエンディングを迎える時点ですでにレベル50くらいにはなってるのかな…。

なら3時間ちょっとでレベル90にできるってことですね。
最初からそっちにスキル割り振っておけば良かったです笑

DSC_0030

ヤンガスのみレベル99に到達したのですが、スキルのたね未使用でスキルポイントの総取得数は350。

なら鎌スキルなり打撃スキルなり、会心技以外で振りたい方は後でも好きに振れるということ。
…余計に最初はオノスキルに割り振っておけば良かったと少し後悔します;;



ともかくレベル上げはこれで終了です。

竜の試練を全部片付けてきます。





松山勝弘(まつやままさひろ)