竜神族の里に到着した一同。

DSC_0022

よくある流れで竜神王を倒してくれとの依頼を受けます。

さっそく討伐に向かうのですが…。

DSC_0023

また地図なしダンジョンか!

しかも竜神族の里に来るまでとは違い、道が入り組んでいてややこしすぎる!


攻略サイトや本などでマップを見ながら進むことを推奨します。
絶対にその方が良い。

でないと道中で徘徊している雑魚敵に全滅させられる可能性高いです。

竜神王戦の前に回復できないので、MPを消費しないように極力戦いを避けつつ回復はゼシカのハッスルダンスかけんじゃの石などのアイテムを使用しましょう。

DSC_0024

この扉の先には雑魚敵はいないのでもう安心です。

扉に入り階段を上りきるとイベントスタート。

DSC_0026

イベントが発生するとそのまま竜神王との戦闘開始です。

中断セーブするなら階段の途中でですね。



いやぁ…。
痛恨の一撃くらい過ぎ!笑

それ一回で450~500のダメージなのでザオリク連発必至。
スクルトは意味なし、ふしぎなタンバリンなんて溜めるチャンスすらないですよ。

唯一、ファントムマスクを装備して回避率が上がっているククールにならバイキルトで攻撃力を上げてという戦法は可能でしたが…。
もとの攻撃力が低いし回復役なので却下です笑

まあ主にザオリク役であるククールの回避率が上がっていただけ助かりましたが。
次回からは攻撃役の回避率も上げてバイキルトを駆使するやり方でいきます。


ただ痛恨にならない攻撃も時々あるのでそれプラスしゃくねつでダメージが蓄積されて倒されるというパターンもあります。
回避アップ系防具以外に炎軽減系防具も付けておくと楽そう。

DSC_0027

バンバン痛恨で叩かれながらもどうにか撃破。

DSC_0028

竜神王を倒すと本編では隠されたままだった主人公とトーポの秘密がようやく明らかになります。

DSC_0029

そして「竜の試練」を受けられるように。

竜の試練で次に竜神王と戦うときは回避率アップを怠らないように注意しないと…。


でもよく考えてみると、せっかく苦労して竜神王を倒したのに得たものが「主人公の秘密」と「竜の試練を受ける権利」。

ひどい話ですよね笑



ま、竜の試練の褒美とやらに期待しますか。





松山勝弘(まつやままさひろ)