今回はプラチナランクになったことで登場した伝説のポケモンのうちの一体、エンテイに挑戦です。

と言っても、

DSC_0008

以前お見せしたこの写真の通り。

フロア10Fに会いに行くだけなので楽勝でしょう笑


…そう高を括っていると……。

DSC_0004

7Fで突然ヒードランが現れたっ!!


まったく前情報はなしでした!
まさか伝説のポケモンが旅ポケモンやお腹が空いて倒れているポケモン同様、事前情報なしに現れるなんて夢にも思っていません。

その証拠に、使い慣れた主人公メインのメンバーではなく、たまたま超やる気を起こした三体で挑んでいます笑

エンテイに会うだけならこんなメンバーでもいけるんじゃないかと…;;
(コジョンドはともかくカバルドンの特性「すなおこし」による自滅とタイプ相性の悪いモンメンが…。)



しかーーーし!!

突然のヒードランも何のその!!


いつ現れるかわからないモンスターハウス用に準備していた玉や杖を存分に駆使して!
ヒードランなぞ難なく(実は「なんとか」笑)撃破!!

DSC_0005
DSC_0006

しっかり仲間にしちゃいました。

エンテイに挑むときはみなさんも注意してくださいね。



もしものときのアイテムがなくなったので丸腰になってしまいましたが。
ピーピーエイダーだけは残っていたのでコジョンドでごり押ししてどうにか頂上へたどり着きます。

お目当てのエンテイはと言うと…。

DSC_0007
DSC_0009

やっぱり会うだけで仲間になり笑
(サプライズヒードランの後なので手応えが…笑)

DSC_0008

先の記事で書いた「トレジャーリスト」のお宝の一つ、「ほのおのリングル」を頂戴しました!

来て良かった笑

トレジャーリスト制度が始まったことで下に出てくる文章も変わってますね。
コバルオンやマナフィのときとは違うようです。



ヒードランが確定で出るのか確率で出るのかはわかりませんが、いつ出てきても大丈夫なように準備しておきましょう。


言い忘れましたが、ヒードラン戦では縛りの玉か杖、眠りの玉か杖、もしくはこれらすべてを所持しておくと安心です。

理由はかんたん。
こちらがヒードランにダメージを与えると突然逃亡しだすからです笑

「階段まで逃げられる前にヒードランを倒せ!」みたいなことを言われます。

ヒードランと階段との間に自分たちがいれば問題ありませんが、運が悪ければ逃げ切られて仲間にできないということでしょう。
なので確実に相手の動きを止めるべく、上に挙げたアイテムを持っておくと安心だということです。


もちろんヒードランが行動を再開することも頭に入れ、レンケイを連発して一気に叩きましょう。



ではではみなさんのご武運を。





松山勝弘(まつやままさひろ)