保有効果」とは。

自分の所有するものに高い価値を感じ、手放したくないと思う現象のことを言います。



昨日1万円で買ったブランドの服、やっぱり着ないからと店に返品に行ってもレシートがなくて受け付けてくれません。
仕方がないので知り合いをいくつかあたると5000円なら買うと言ってくれた人がいました。
あなたなら5000円で売りますか?

ほとんどの人はできれば10000円、せめて9500円くらいじゃないと売る気は起きません。
それなら着るつもりはなくとも所持し続けると、そう決断します。

もし自分が逆の立場ならどうですか。
知り合いで信用があるためほぼ新品の状態が保たれているとはわかっている。
たとえそうでも一度店から誰かの手に渡った時点で「中古」だという感覚になりますよね。
5000円は言い過ぎにしても8000円くらいにはしてほしいものです。


これが「保有効果」です。

自分がそれを持っていると、何となく価値を高く見積もってしまいます。
なので他者に譲るときなどは少しでも高い評価を下してもらわないと結局譲らずに保有し続けるというケースも多々あります。



5000円で買ったゲームソフト。
1年経ってもうプレイしないからと売る気になりました。
ソフトやケース、付属品などはすべてそろっていますし、かなりきれいな状態です。

新品なら今でも3500円で売っているソフトです。
中古なら2000円ほど。

これを友人に売るとき、2500円くらいで買い取ってもらわないと気が済みません。
「新品同様にきれいだから」という理由をつけて。

これが保有効果なんです。

(本当なら1500円くらいで折り合いをつけるのが一番なんでしょうけどね。中古ゲーム店に持ち込んでも1200円くらいにしかならないでしょうから。)



良い風に言えば「所有物に愛着を持っている」だけなんですけどね。
これが悪い方向に向かえば実質以上に価値を見積もり「傲慢」ととられます。

みなさんも同じような経験はないですか?
お金のやりとりはなかったというのであれば、お弁当のおかずの交換のときなどを思い浮かべてください。

他にもおもちゃやお人形を交換したりと「もの同士の交換」で考えれば思い当たる節はあるのではないかと。
トレーディングカードのカードの交換をした場合などは特にわかりやすそうですが。



考えてみると、お金で換算できるものはまだマシなのかもしれませんね。
価値以上を要求しているかどうは数字で一目瞭然なのですから。

これが色違いのポケモン同士の交換などだとわかりにくいもいいところです笑

イシツブテとワンリキーの交換とかならつり合いが取れていそうな気もするのですが。
これも保有効果が働くと「ワンリキーじゃなくシードラよこせ」とか言うんでしょうかね。

ビミョー笑



だとすると、気付かないうちに保有効果が働いてしまっていることも多いのではないかと。

「これってもしかして保有効果?」と気付いたときにだけでも自身を振り返ってみるのはいかがでしょうか。





松山勝弘(まつやままさひろ)