まずは先日の記事でお伝えした通り、「ペリッパー島」を利用してポケモンとのつながりを持てるかどうかの検証です。



とりあえず1時間ほど徘徊してみましたが、どうもつながりオーブが反応する気配がありませんでした。

主人公かパートナーが攻撃しないとダメなのか?
(ペリッパー島では主人公およびパートナーを連れていくことができません。少なくともぼくは今のところ。)

そう考えながらふとダンジョンクリア後にメニューを開いてみると、

DSC_0010

……。

わかった…。


こっちが本編のメニュー画面です。

DSC_0011
DSC_0012

「その他」(設定)のマークと「へんせい」のマークの間に4つもマークがありますね。

そのうちの青色3つがつながりオーブ関連のメニューアイコンです。


つまり、どうあがいてもペリッパー島ではつながりを持てないということですね笑

残念。


まあ本編で行き詰まった時の金策や道具集めには使えます。
ペリッパー島で入手したこれらは本編に持ち込めるので(強制的に本編のあずかりボックスに送られます)。

主人公とパートナー以外のレベル上げにも使えるでしょうが、一つ注意点が。

DSC_0001

ご覧のとおり、コアルヒーを倒して得たはずの経験値がベイリーフにしか発生していません。

DSC_0004
DSC_0005
DSC_0006

以前、ぼくが初めて本編で全滅したときにペリッパー島が発動したと書きました。

そしてぼくがそこで使えるようになったポケモンたちがこの三体です。

でも彼らは本編で仲間にしたポケモンたちではありませんね。
(逆に彼らを本編で使うこともできませんし。)


ってご丁寧な解説をせずともお分かりかと思いますが…笑

ペリッパー島で経験値を得られるのは本編で仲間にしたポケモンだけだという結論です。



とまあ少し話がずれましたが、新たにつながりを持てるポケモンは本編のダンジョンのみでした。


前回は「攻撃を当てたとき」につながりオーブが反応するとお話ししましたが、今日はプラスの情報があります。

それは、「自分が操作しているポケモン以外が攻撃を当てたときでもオーブが反応する可能性がある」ということです。

主人公(操作ポケモン)、パートナー、ロトムの三体で冒険に出かけたのですが、ロトムが放った「ほうでん」をくらったチルットとのつながりが確認できました。

主人公やパートナーでの攻撃である必要があるという縛りがない分、新しいつながりを持つこと自体は案外楽チンですね。
あとは確率次第でつながりが持てるかどうかだけですから。


ただ…。

今のところ、この方法でつながりを持ったポケモンが何らかの依頼をしてきたことはありません。
(運が悪いのかストーリーの仕様上なのかはわかりませんが。)

つながりを持てている以上いずれ仲間にできるのでしょうが、基本的には依頼をこなさないと仲間にならないのでこういうの困りますよね笑


依頼をこなすと言えばこんなビッグチャンスがありました。

DSC_0001

今日のとあるタイミングで受けていた依頼の一覧なんですが、わかりますか?

「ストーンフィールド」というダンジョンでの依頼がまとめて3件も入っています。

つまり、1回の冒険で3体のポケモンを仲間にできるということです。

こんな感じで。

DSC_0002
DSC_0003

一つの依頼をこなすたびにこの表示が出てきました。

昨日、1冒険あたり1ストーリー進んでしまうと書きましたが。
そうでなくても1回の冒険でたくさんのポケモンを仲間にできた方が得ですよね。

こんなチャンスがあったら是非ものにしておきましょう。


……。

あまり調子に乗るととんでもないしっぺ返しをくらうかもしれませんが…。
(次の記事でそのお話をします。)



依頼とは別にポケモンを仲間にできる方法はあと二つ確認できています。

一つは、村の中にいるポケモンと会話すること。
会話するだけで仲間になります。

もう一つは、ダンジョン内をうろちょろしている「敵以外」のポケモンに話しかけることです
こちらも話しかけたら仲間になりました。
今のところ「ラッキー」一体しか確認できていませんが。

写真を撮っていなくて恐縮ですが、前者は、仲間になるポケモンの頭にわかりやすいマークが付いています。

後者は何の前触れもなく現れたのですが、もしかすると前触れを見逃していただけかもしれません。
追加情報が入り次第お知らせしますね。



仲間にできるポケモンについてはこんな感じです。

いやはや、本編を完全クリアする前に出てくるすべてのポケモンを仲間にした状態でラスボスに挑めるのかどうか。
コレクターとしてはそうであってくれた方が嬉しいのですが…。

今は気にせず楽しんでプレイすることにしますか。


松山勝弘(まつやままさひろ)