ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

スポンサーリンク
アルケミリドルの3-1ページを解読したら、戦闘準備を整えて再度オルトガラクセンへ。
課題のモンスターに近付いて、戦闘開始です。

DSC_0003

難易度HARDで、敵のレベルは30、HP2596。
見た目通りの氷弱点と火耐性でした。


隊列は、プライマルアーツのことを考えて、ぼくはピアニャとルルアを後衛にしています。
行動回数の多いオーレルを前衛の真ん中にしておけば、後衛2人のアシストスキルも頻繁に発動させられるのでお得でした。

エーファとオーレルの間がピアニャで、ピアニャのアシストスキルをより多く発動させられるようにしておく(攻撃系アシストスキルが2つあるので)。

まずは敵の行動順が回る前にブレイクさせることを目指し、うまくブレイクさせられたなら、そのうちにオーレルのスキル「魂宿りの構え」で強化。
大きく消費したMPはインタラプト装備してある「知恵熱シロップ」で回復です。


状態異常がいろいろと有効だったので、エーファは「ランドクラッシュ」でスロウ狙い、オーレルは「明絶の刃」で封印狙い。
そしてフィクスは「蒼氷のダブルアルカナ」で弱点攻撃を続けます。
運が良ければこれで睡眠にもさせられるので、敵の行動順次第では防御などで時間を潰しましょう。

その他の状態異常は試していないので成功するかどうかは不明です。


こんな感じで戦って、被弾は一回だけでした笑
気絶値はその一撃で半分ほど持って行かれましたが、被ダメージ量はたったの26。
鍛冶屋で武具をしっかり揃えていれば比較的余裕が出るようですね。

インタラプト装備のもう一つは念のための蘇生用に「ネクタル」にしていたのですが、これなら「レヘルン」あたりでも良かったかもしれません。
そのレヘルンに暗闇や毒などの状態異常付与効果を付けていれば、より楽に戦えたのかもしれない、と。


ひとまず、撃破したらイベントで、街に戻って議会に顔を出すことになりました。
オルトガラクセンは奥のエリアへは行けませんが、せっかくなので今いるエリアのアイテムは回収してから帰りましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
ロロナのアトリエ更新手続きのための課題で、オルトガラクセンにいる魔物を討伐しなくてはならない。
その魔物を下見に行った後、アルケミリドルにページが追加されました。
一度アトリエに帰還して解読開始です。

キーワードの条件のうち一つ目は、おそらくルルアの錬金レベル。
ぼくはこの時点で錬金レベル18で、既に達成済みのようでした。
おおよそ15以上が条件といったところでしょうか。
まあ適当に調合をしていれば適当に上がるでしょう。

もう一つのキーワード条件は、一定品質以上のクラフトを調合すること。
品質30ではダメで、品質41でクリアできるのを確認しています。
おそらく40以上でクリアではないかと。


キーワードを入手して解読を完了させると、調合で「覚醒効果」を発現させられるようになりました。

材料依存で発現する効果で、完成品が調合・攻撃・回復・装備によって効果が変わる。

DSC_0001

例えば「キュリアグラス」なら、調合・攻撃のアイテムを作る際は、完成したアイテムの持つ氷の錬金成分を+1させる効果。
(あくまでも「完成したアイテムの持つ」なので、今回の調合で錬金成分を増やすことはできません。)

そして回復アイテムなら使用時の追加MP回復で、装備品には最大MP上昇の効果を付けられるようです。


ただ、調合するアイテムによって、どの材料の覚醒効果を発現させられるかは違う模様。

DSC_0002

例えば「フラム」なら、覚醒効果を付けられるのは、燃料カテゴリの材料と中和剤カテゴリの材料の2つのみ。
燃料カテゴリの方は材料を2つ使用しますが、そのうちの片方を選択します。

こういった都合があるため、先ほどのキュリアグラスの場合、「ヒーリングサルブ」を調合するときは追加MP回復の効果は付けられません。
「ネクタル」調合時なら、キュリアグラスの追加MP回復効果を付けられました。


錬金レベルやアルケミリドルのサブ解読などで覚醒効果を付けられる数が今後上がるのか(フラムなら、材料の打ちフロジストンと火薬カテゴリの覚醒効果も付けられるようになるのか)。
それとも現状のままか、それは今はわかりませんが、ひとまずどの材料の覚醒効果を発現させられるかを気にしながら調合しましょう。
うまく使えばこれまでより強いアイテムを作り出せるのは間違いないので。
先ほど例に挙げたようにネクタルにMP回復効果を付けたり、他にも「ツィンク」など装備作成用アイテムに錬金成分を増やす効果を付けたら、鍛冶屋で装備を作成するときにより強い効果を付けられるかも、といったパターンもそうですね。


では、準備を整えて再度オルトガラクセンへ向かいます。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


「Amazon.co.jpアソシエイト」
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。