ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

スポンサーリンク
第二部 銀雪の章が開始されました。
黒鷲の学級ことアドラークラッセで、第一部の天馬の節(2月)にある重要な選択肢で「付き合う」「守る」を正確に選ばなかった場合、こちらのルートに入ります。
第一部の最終節には仲間の離脱や新規加入がありましたが、はてさて…。

ひとまず、銀雪の章では第二部の最初はしばらくイベントで進みます。
選択肢はどれを選んでも重大な何かが変化するようなことはなし。
そしてそのまま初戦闘へと放り込まれました。

DSC_0001

…主人公ともう1人、自軍は2人だけでしたが;;
持ち物は輸送隊などのアイテムはそのままはですが、手持ちだけ武器耐久が全快しています。

敵はドロップアイテム持ちだらけなのでできるだけ全員倒したいという気持ちはさておき。
囲まれたら速攻で詰むでしょうから、まずは安全地帯で戦う必要がありますね。


1ターン目。
とりあえず主人公をすぐ北東の森の中へ進め、雑魚敵1体を撃破する。
もう1人を主人九の隣へ付けつつ、飛行ユニットはそのままだと地形効果を得られない(ついでに弓に弱い)ので、乗り物から降りておきました。

敵軍フェイズで、敵の攻撃は全回避でき、反撃で1体倒せています。

2ターン目。
森からは外に出ないようにして、寄ってきた雑魚敵を倒していく。

敵軍フェイズでも反撃で数体倒せましたが、相手も森の中まで来ているので、攻撃してきた敵すべてを撃破とはいかず。


3ターン目が始まるとき、ここで味方が増えました!
マップ北西角に2人、南西角に1人の計3人です。
どのユニットも主人公らと同様に、手持ちアイテムの内容は武器耐久が回復している以外は変わりません。

北西の2人は、主人公らに近付け、主人公と一緒に周辺の敵討伐を始める。
最初からいた仲間は乗り物に乗り直し、雑魚敵を倒しつつ、再移動で南西の味方との合流に向けて南へ進む。

南西の1人は、移動力が足りなかったので交戦は始めず、普通に東へ進んだだけで終わりです。


4ターン目。
中央~北の3人は引き続き敵を倒していき、攻撃魔法持ちだけ、「壊れる壁」越しに安全圏から敵を倒させたりしました。
自軍飛行ユニットは南の味方と合流し、2人で周辺の雑魚敵狩りを始めています。

敵軍フェイズで、どちらも周囲の敵は一通り撃破完了です。

次のターン開始時、マップ北東に味方が3人追加される。
これで戦闘もかなり楽になりましたね。

ひとまず、北東の3人は、1人が南側の「壊れる壁」を破壊し、手持ちに「宝の鍵」があったユニットで宝箱(中身は「妖刀アシュラ」)回収する。
もう1人は、弓で西側の壁越しに雑魚敵を攻撃させています。

中央~北の3人は、まず主人公をマップ中央の敵らの射程に入れて、残り2人をその背後に固める。
南側2人は、ダメージの深かった飛行ユニットを回復床上に止めて、もう1人は東へ進行して敵1体の射程に入る。

敵軍フェイズの反撃で、中央は2人、北東が1人、それぞれ撃破です。


5ターン目。
中央は周囲の敵が残り1体になるまで倒しきる。
南は、回復床より東の敵を1体倒し、進路上の敵は残り1体に。
北東3人は重装を壁にしつつ、寄ってきた敵を魔法や弓で順番に倒しています。

6ターン目。
中央は新たに寄ってきた敵らの対処で手一杯。
南は移動力と攻撃射程が足りず、残り1体の敵に近付くのみ(その敵が弓だったので、飛行は乗り物から降ろしておく)。
北東は、逃げていった(主人公らマップ中央組に近付いて行った)敵を除き周辺の雑魚敵を一掃できたので、いつでも敵将に向かって進軍できる状態です。

7ターン目。
中央、雑魚敵の残党を倒しつつ、付近に2つある宝箱の回収へ2人が向かい始める。
南、最後の敵を倒し、マップ南東の宝箱の方向へ。
北東、同じくマップ南東の宝箱へ向かわせる。


8ターン目。
雑魚敵はここですべて倒し終わったので、後は敵将を残すのみ。
ですが北側の2つ固まっている宝箱のうち片方は手前に扉があったので、宝箱の全回収は次のターンとなってしまい、それまでは敵将を倒さず放置です。
宝箱の中身は、南東が「ウコンバサラの斧」、北側の扉ありが「」、扉なしが「銀の槍」でした。

その後、敵将を確実に倒して戦闘終了。

DSC_0002

…かと思いきや、まさかの影武者で;;
すぐ北側に敵将&雑魚敵2体が追加されています。

扉の先なので、自軍ユニットの位置によっては追いかけるのが大変ですね。
まあ、追い付きさえすれば撃破は楽勝なので、特に問題はないでしょう笑
追加の雑魚敵2体もドロップアイテム持ちだったため、先に敵将を倒してしまわないようにだけご注意ください。

ひとまず、味方が追加されるまでの最初の2ターンさえ乗り切れば、後は比較的楽な一戦でした。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
第二部 紅花の章、大樹の節。
末日のシナリオ戦闘は同日の2連戦で、今回はそのうち2戦目、最終決戦です。
英雄の遺産などはもったいながらずに使ってしまいましょう。

DSC_0002

いつも通り、まずはマップを確認。
敵の多さは予想通りですが、燃える床だらけなのが予定外で厄介ですね;;
ぼくの場合は飛行ユニットが1体もいないのでさらに厳しい…。

そこら中にいる魔物との交戦も大変そうです。
アーマーブレイクを狙わないにせよ、障壁が魔法完全防御になっている点には気を付けなくてはなりません。
物理で障壁をどれか1つでも先に壊して、その障壁の壊れているマスへ放てば、魔法でもダメージが通るようになります。

後は、やはり所々にいる固有名ユニットへの対処に神経をすり減らされそうですね。


1ターン目。
まず東側は、地形耐性の有無を気にせず、移動力のあるユニットは普通に燃える床の上まで移動させる。
それと弓の戦技だけ攻撃が届いたので、魔物に一撃だけ喰らわせておきました。

中央は、全員で北へ進みつつ、攻撃魔法や弓で目の前の敵弓2体を撃破して終了。

敵軍フェイズでの反撃で、中央組付近にいる雑魚敵をさらに1体撃破です。

2ターン目。
東側は魔物をアーマーブレイク&撃破し、未行動の魔法ユニットで一番ダメージの深いユニットから順に回復させる。

中央側は近くの雑魚敵を倒しきったら全員で西へ。
中央突破するよりこちらを進んだ方が楽に敵将のもとへ行けると踏んでの行動です。

敵軍フェイズで、敵将が何やら吠え出し、魔物全体が強化されたというセリフが出ました。
今後も吠えられるたびに強化され続けるようなので、ある程度は急いで進まないといけませんね。
ひとまず、今のところは強化されたと言ってもそれほど変化はありません。


3ターン目。
東側は全員で着実に歩を進めつつ、攻撃魔法で北側の雑魚敵を1体撃破しておく。
中央側は、西から寄ってきた雑魚敵2体を倒した後、同じく全員で燃える床越えを目指します。

4ターン目。
東側は2人だけ燃える床越えを達成し、雑魚敵2体も倒す。
西側は1人以外は燃える床を越えられました。
敵軍フェイズで西側の魔物との交戦開始。

5ターン目。
東側、残りの雑魚敵も片付けつつ、後2人を残して燃える床越え。
先行している4人は次の魔物との交戦準備を整えています。
西側は魔物をアーマーブレイクとHPストックを2つ削り、ついでに近寄って来ていた別の雑魚敵も倒しておきました。


6ターン目開始時に魔物強化再び。
東側は、できるだけ魔物を引きつけようと、一旦回復床周辺に集合する。
西側は魔物を倒して北進です。
マップ南西の宝箱は、中身が「はやての羽」であることだけ確認して、時を巻き戻して無視しています。

敵軍フェイズで、東側の魔物が予定通り少し寄って来てくれたので、燃える床の上で戦わなくても済むようになりました。

7ターン目。
東側は魔物をアーマーブレイクとHPストック2つを削る。
西側は次の燃える床越えを目指しつつ、攻撃魔法や弓でその先にいた雑魚敵を2体撃破です。

このターンの敵軍フェイズで、マップ南の自軍スタート地点あたりに敵飛行ユニットが4体追加されました。
移動力があるので、いずれ東西の味方に追いつかれるでしょう。

8ターン目。
東側は、魔物の撃破と、次の燃える床地帯の先にいる雑魚敵を攻撃魔法で1体倒す。
西側は全員燃える床越えを果たし、その先にいた雑魚敵を倒しきりました。
これでマップ北西の敵は殲滅完了です。

敵軍フェイズで増援の飛行4体が真っ直ぐ北へ進み、次のターン開始時には魔物強化3回目が。


9ターン目。
まず東側は、固有名ユニットの射程を確認して、回避か防御の高いユニット以外は先行させないようにする。
攻撃魔法などで遠距離からできるだけの雑魚敵を倒し、残った敵魔法ユニットは「サイレス」で魔法封じにしておく。

西側はこのフェイズでは階段に向かって進むだけですが、敵将付近の固有名ユニットの射程には気を配っておきます。

10ターン目。
東側は周辺の敵を固有名含めてすべて倒し、増援の敵飛行ユニットの射程に気を付けつつ歩を進める。
場合によっては進むのではなく戻る選択も必要かもしれません。

西側は、主人公1人だけ敵将近くの固有名ユニットの射程に入れて、他はその後ろで固まって終了です。

敵軍フェイズ、その固有名ユニットは主人公に対して計略を使ってきました。
回避してくれたので助かりましたが、固め過ぎたのは浅はかでしたね;;
縦2マスの計略なので、主人公の背後を空きマスにしておけば安全だったようです。
その他、増援飛行ユニットのうち1体が東へ、残り3体は西へと向かってきています。


11ターン目。
東側は、まずは増援飛行ユニットを撃破しておく。
1人は中央への階段を上り、一番近くの雑魚敵を撃破(射程2の武器を持つ馬ユニット)。
他のユニットは、回復床を押さえたり、消費アイテムでの回復を行っています。

西側は、固有名ユニットを確実に倒しつつ、主人公以外は全敵の射程外で止まりました。
まだほとんど階段下にいます。

敵軍フェイズで、増援飛行ユニットのうち2体が主人公に攻撃、もう1体は何故か踵を返して東側へ向かう。
他には、東側の魔物が動き出し、階段を上っているユニットに攻撃を加えてきています。
その後に魔物の強化も。


12ターン目。
東側は、ダメージを受けたユニットを一度戻して、他のユニット1人で超遠距離攻撃魔法持ちの雑魚敵を撃破する。

西側は、寄ってきた敵2体を倒した後、真っ直ぐ敵将方向へと進みます。
燃える床が邪魔ですが、迂回すると魔物やその他雑魚敵との交戦で余計に大変そうだったので;;
ひとまず、主人公とエーデルガルトの2人が、燃える床上でかつ敵将の攻撃射程に入っている状態です。
また、どちらも英雄の遺産武器に装備を変更しておきました。

敵軍フェイズで、まずは敵将の攻撃を確実に耐える。
続いてこのタイミングで、これまで無視してきたマップ中央辺りの敵が軒並み、北へと移動を始めました。
正確には固有名ユニット2体とその周囲の雑魚敵らです。


13ターン目。
東側は、魔物に狙われたユニットを階段下まで逃がし、他のユニットも魔物の射程外から動かず。
ここからは魔物や固有名ユニットらが敵将付近に行くのを防ぐことに注力します。
マップ北東の宝箱(中身は「祈りの指輪」)も無視。

西側は、燃える床越えをできるユニットは確実に超えさせつつ、すぐ南にいる敵飛行らの狙いは極力主人公で受け持つか分散させる。

14ターン目。
東側は回復も十分にできたので、まとめて魔物に向かっていきアーマーブレイクする。

西側は、敵将が溜めを始めいていたため計略は使用せず。
主人公以外は周辺に群がってきた敵飛行らを3体ほど倒すに留めています。
踊り子の「踊る」で弓を再行動させると撃破が楽でした。


15ターン目。
東側は魔物を撃破し、階段を上った辺りに集まる。

西側は、敵将の溜め攻撃が終わったタイミングだったので、計略をまとめて叩き込みました。
これで障壁は計6つ破壊し、2つはダメージ蓄積、1つは無傷の状態です。
それと、攻撃計略を持っていなかったユニットは超遠距離攻撃魔法「メティオ」で、近寄って来ていた固有名ユニットのうち1人を撃破しています。

敵軍フェイズでは、まずマップ西に敵飛行3体が増援で追加される。
近付かれる前に敵将を倒しきれそうなので気にしなくても良さそうですね。
後は敵将の攻撃に対して反撃で障壁を1つ壊したのと、もう1体の固有名ユニットや雑魚敵らが北へと移動してきています。


16ターン目。
東側は、最後の固有名ユニットを撃破したのと、HPに余裕のあるユニットは雑魚敵との交戦準備を整える。

西側は計略にて速攻で敵将をアーマーブレイクし、他のユニットでラッシュ!
東側で未行動だった弓ユニットの攻撃や、何度か出たクリティカルヒットも含めて、HPストックを0にできました。

敵軍フェイズで、マップ東に敵飛行3体増援が来る。
寄ってきた雑魚敵は反撃で1体撃破。


17ターン目。
主人公の攻撃が、追撃含む2回ともクリティカルになり、これだけで敵将を倒しきりました!
本当はHPに余裕のある東西のユニット全員で撃破まで持って行くつもりだったのですが、最後は運が良かったです。

とは言え、このルートでは育て方が甘かったせいで最上級職になれていないキャラもいて、最終日は2戦とも本当に大変でした;;
最終決戦の方は、中央スタートのユニットらは西へ向かわず中央突破でも良かったかもしれませんね。
時間をかけたら増援が来るのでどちらの敵も一掃するというのは難しかったでしょうが…。

ともあれ、勝利後はイベントで話が進んで終了です。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


「Amazon.co.jpアソシエイト」
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。