ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

お盆休みが終わっても毎日ゲーム! まさひろ 8月19日

スポンサーリンク
第六章ではイベント後に2つ目の星殿へと向かうことになりました。
拠点でのその他イベントも特にないため、さっそく「南の星殿」へ。

入口付近が北の星殿のそれと同じだったので内部構造も似ているのかなと思いましたが、全然違います笑
複雑と言うか、大回りしないと最奥へはたどり着けませんでした。

竜星のヴァルニール_20181013235150

最初の分岐は西へ行くとすぐに行き止まりで、イベントマークのもとへは東・北・西・南と迂回移動です。

イベントマークにてイベントを確認。
そこからマップ南西へは鍵付き扉があり入れません。
北の星殿と同じで、このダンジョンのボスを倒したら鍵をドロップします。


ひとまず扉は無視して、すぐそこの階段から上層へ。
こちらは北の星殿の上層と少し似た感じの構造でしたね。

竜星のヴァルニール_20181014001753

最初の部屋は北東の道を進み、マップ中央からラポネットの光の架け橋で西へ。

その前に、マップ中央からマップ南西に行くと、強敵がいました。
撃破すると全員が因子核を入手できるタイプの敵です。
が、捕食スキルで捕食に成功するとその時点で戦闘が終わります。
敵はHP全回復のスキルを頻繁に使用するため、戦闘途中で捕食した方が手っ取り早いでしょう。


マップ中央より、光の架け橋を渡ってマップ北西へ。
そこから東へ進んで行けば、下層への階段と竜の碑を発見。

竜の碑で一息ついたら、下層にあるイベントマークのもとへ。
長らくイベントで、雑魚戦が一つ挟まりました。
特に問題のない相手なので軽く倒してしまいましょう。


イベントが終わると、ダンジョンの入り口まで戻されてしまいます。

次のイベントマークは最奥ではありませんが、普通に進むより、スキル「メモリージャンプ」やアイテム「飛竜の翼」で竜の碑に飛んだ方が断然近いです。
ダンジョン外に出なければ、光の架け橋をかけ直す必要もありません。

上層のマップ中央あたりでイベントを見終えたら、次のイベントマークは再び最奥地に。
再度メモリージャンプなどで竜の碑に飛び、近くの階段から下層に入る。

今度こそボス戦が始まります。
準備を整えてから挑みましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
第五章、呪縛の荒野にて巨大竜とのボス戦です。

竜星のヴァルニール_20181013193152

敵は2層型で、部位は下の方。
部位にはグランポロス下層と名が付いていますが、部位があるのは中層の位置でした。
また、今回の部位は2種の技を持っています。

難易度HARDで本体HP32000~35000前後、部位HP17000~18000前後。
2回行動、風・射弱点。

確認した行動パターンは以下の通りです。

・上層 かみつき 648~808
・上層 業火球 1128~1435
・上層 ロックスター 1227(範囲は、味方が使えるのと同じなら1層の2×2なので最大2人のはずですが…)
・下層 ヘビーシェイク(使われる前に部位破壊したため詳細不明)
・下層 グランドシェイク(使われる前に部位破壊したため詳細不明)


部位のHPが高く破壊までに時間を要したのですが、何故か部位による攻撃はまったくしてこなかったので、詳細不明です。
が、部位が攻撃をしてきたとしても、部位を壊す意味はまったくなかったかなと;;

すぐに壊せるなら気絶のメリットがありますが、時間がかかるなら本体まっしぐらの方が断然良い。
以前のように部位が回復スキルを持っているならともかくとして。


ラポネットを物理型または両刀型にしているなら、物理スキルで射弱点を狙うのもありですね。
スキル自体の威力が高いので、風属性の魔法スキルよりダメージが出るでしょうから。

他のキャラには、風属性魔法スキルと蘇生スキル、および「ウンディーナ」の因子核による回復スキル「ヒールパーティ」を覚えさせておけば良いでしょう。
ウンディーナはこのダンジョンに出現します。
ただ、やたらと回避率が高いうえ時折逃走するため捕食するのに骨が折れますが;;笑


戦闘不能者が出るとしたら、同じ対象を連続で攻撃された場合です。
この場合は蘇生スキルを使用して、複数対象を攻撃されたなら全体回復魔法を使用。
これだけで守りは万全でした。

後は好きなように削っていくだけですね。


倒したら、イベント後に探索続行です。
と言っても出口はすぐそこですが。

周辺にある残りの宝箱(隠し宝箱もあり)だけ回収したら、そのまま奥の出口から脱出しましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


「Amazon.co.jpアソシエイト」
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。