ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

スポンサーリンク
ゲームで能力が身に付くと聞いて、真っ先に思い浮かぶのは「問題解決力」でしょう。
なにせ問題を解決しないと先に進めないんですから。

ゲームをプレイしていると、何かしらの課題が与えられます。
それを解決するためにプレイヤーは奔走します。
まず解決するための道のりを考える。
必要なものをリストアップする。
わからなければ手がかりを探す。
それが本当に手がかりかどうかや手がかりが問題解決にどう影響するのかを考える。
必要なものを集める。
問題を解決する。

大まかにこの流れでしょうか。

ゲームは問題解決の連続です
RPGやシミュレーションゲームだけの話だけではありません。
レーシングゲームでもリズムゲームでもそうです。

前の車を抜くにはどうすれば良いかという問題を解決するために考えて行動するでしょう。
今自分が首位なら、今度は抜かれないことやラップタイムを早くすることが課題になります。

リズム感がまったくない人でも好きならリズムゲームを買うでしょう。
ステージをクリアするためにリズム感を身に付けるというのも課題になります。


考えてみれば、ゲームをしていて問題解決力が身に付かないわけがないんです。
大きなくくりにしてしまえば、ゲームをしている人はみな、クリアするためにはどうすれば良いのかという問題を解決するためにプレイしているのですから。



ただし、一つのソフトを繰り返しプレイすることで問題解決力を向上させるというのは難しいでしょう。
むしろ答がわかっていることを繰り返し行うのは脳のマンネリ化に繋がります。

やはり複数のジャンルが好ましいです。
そうでなければ、同じシリーズものにばかり手を出すのではなくシステムの違うものが良い。


好きなシリーズものを金輪際やるなというわけではないですよ。
ぼくも大好きなシリーズものがいくつもありますので。
どっちもやっちゃいましょう。もっとゲームをやりましょう。

食わず嫌いな人も時々見かけますが、今までやったことのないジャンルにも手を出してみてください。
ゲームの新しい魅力に出会えますよ。



中にはどうしても苦手なゲームもあるでしょうけど、やってみないとわかりません。
ぼく自身「映像がリアルなゲーム」は苦手です。
映像酔いするんですよ;;
同じ理由で映画館も大嫌いで。

それでもどうしてもやりたい「映像がリアルなゲーム」があれば買います笑
そのゲームでの映像酔いが起こらなくなるまで平均5日はかかりますが笑



仕事でも生活でも、問題解決を必要とする場面は数えきれないほどあります。

いつでも対応できるようにするために、今すぐゲームをやりましょう!゚+.゚(´∀`*)





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
今回は「ゲームと他の何かを同時に行う」ことで身に付けられる視力と聴力のマルチタスクについてです。


」では消音でゲームをプレイするのは

・現実に音を響かせたくない
・現実の音を拾いたい

の二つの場合があると言いました。
このうち「現実の音を拾いたい」場合は「ゲームと他の何かを同時に行う」にあたります。


親に隠れてゲームをしているから、部屋に近付く足音を聞きのがしたくない。
小学生のぼくの場合はこれでした笑
世の中に隠れてゲームをする人がいなくなってほしいというのもこのブログを作った大きな理由の一つですがここでは関係ありません笑

ただこれが訓練になったからこそ、今ではレポートをまとめながら友達と会話を楽しむくらいはわけありません。


消音でゲームをする場合であっても、積極的に周りの音を拾ってみると良いでしょう。



逆にゲームの音を出しつつ別のことをする場合を考えてみます。
ぼくの場合は読書です。

以前「」では、ゲームと読書を同時に行う方法として、ゲームのすきま時間を利用することを推奨しました。
「ゲーム」の進行に支障がないうえ読書(や他の何か)もできるので、初めての人にもお勧めです。

ここで、ゲームと読書を同時に行うのに別のテクニックが存在します。

「ゲームの画面を見ずに音だけに反応してゲームの操作をする」というやり方です。


RPGで経験値稼ぎに街の周辺をうろうろしたことはないですか?
目当ての超レアモンスターを捕まえたくて出てくるまで洞窟内をうろうろしたことはないですか?

フィールドをうろうろしている時にある音楽が流れています。
敵が出てくるときはバトル開始の音楽や効果音。
バトルが始まればフィールドとは別の音楽に変わる。
カーソル移動やコマンド選択の効果音を頼りに戦闘や逃走を行う。
バトル終了の合図。
そして再びフィールドをうろうろ。

少し慣れたゲームであれば音の選別も簡単ですし、コマンドの位置も覚えています。
経験値稼ぎなどのエンカウントをするのに画面を見る必要性など一切ないのです。


これで音だけを頼りにできるゲームがあることが分かりました。
あとは勉強なり読書なり、目を自由に使っても良いのですから簡単です。



効果も便利ですよ。

セミナーや講義で講師の話を聞きながら生徒の反応を眺めることができたりしますから。
もし普段は講師で今は生徒の立場の人であればかなりのメリットでしょう。

前記事「 」で話した「危険回避」などにもより一層役立ちます。

うぶな人の初デートでは、会話にいっぱいいっぱいにならずに周りをしっかり見てエスコートできるようになるかもしれませんね笑



これまで挙げた例は、視力と聴力のマルチタスクでできることのほんの一部でしかありません。
ぜひ、みなさん自身でいろいろな体感をしてみてください。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ


「Amazon.co.jpアソシエイト」
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。