ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

スポンサーリンク
今日はいよいよ最後の伝説ポケモン、「カイオーガ」との戦いです!

道中のダンジョンでは「ハイドロポンプ」や「オーロラビーム」、ランターンの「ほうでん」などが面倒です。


26Fのカイオーガの元にたどり着くと…。

DSC_0009

当然のことながらゲンシカイキしたカイオーガでした。

DSC_0008

今回は「ほのお」タイプの技を持ってこないようにしましょう。

ぼくのバシャーモは「とびひざげり」を連発です。


これがラストの伝説ポケモンだったので、以前どこかのダンジョンで一つだけ入手していた「みんなむてきだま」を持ち込みました。

「しゅんそくだま」「みんなむてきだま」に順で使用したあと、距離を詰めレンケイ。

玉の無敵効果が効いている間は「みずのちかい・くさのちかい・とびひざげり」を連発です。
せっかくの雨なので「みずのちかい」を採用しました(レンケイだと相性の悪さは関係ないですしね)。


ドーピングで特攻がマックスの255だったとは言え、みずのちかいだけで200越えのダメージを与えられました。
おかげで無敵状態がとぎれる前に撃破完了。

DSC_0011

ぼくは最強クラスのアイテムを使用したのでこの対戦は例外。
通常なら「しおふき」「れいとうビーム」「こんげんのはどう」に対応しなくてはいけません。

グラードン同様、全体・遠隔・周囲攻撃を駆使してきます。

とくせい「よびみず」持ちを連れた上でできるだけ短期決戦にできそうなメンバーが良さそうですね。

DSC_0010

カイオーガからもお宝をいただきました。

DSC_0012

そしてついにっ!

全ての伝説ポケモンを仲間にできました!!


さらにさらに…。

DSC_0017
DSC_0018

「七不思議の海」を完全制覇です!

いよいよ残りは「謎の大陸」の99Fダンジョン、「運命の塔」ただ一つ!



…なのですが。

先に、まだ仲間にできていなポケモンを仲間にしてきます笑


せっかくなので楽しみは最後に残しておきたくて;;





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
対伝説のポケモン戦も残るは2体。

今回はグラードンに挑んできました。


ダンジョン内部で注意しないといけないのは「すなあらし」「じしん」「だいちのちから」「やきつくす」などなど、今までとあまり変わりませんね。

アイテム消去や遠隔・全体攻撃に気を付けましょう。

DSC_0002

と言ってもここまで来れば特に何と言うこともなくグラードンのいる27Fに到達。

いきなりゲンシカイキした姿です。

DSC_0001

ゲンシグラードンなのでとくせいも面倒ですね。

ぼくのオーダイルは基本「かみつく」がメインですし「れいとうビーム」も覚えてるので問題はありませんが。
対グラードンのメンバーを組むとき、みずタイプの技はなくしましょう。


グラードンは「じしん」「だんがいのつるぎ」「ふんえん」など、全体攻撃と遠隔攻撃に周囲攻撃まで持っています。
離れても距離を詰めても一撃で全滅させられうるということですね。

「いあつかん」や「えんかくみきり」をダンジョンで拾えたなら採用してリングルにはめた方が無難です。

ぼくは「なかまふっかつ」を手に入れたのでリーダーのオーダイル以外にプチふっかつタネを使う必要がなくなりました。

DSC_0004

おかげで比較的楽に倒せました笑

やっぱり大量ドーピングポケモンが1体だけでもいると終盤でも難易度は下がりますね。

DSC_0003

お宝も入手。

DSC_0005

グラードンをゲットしました!


さらにグラードンのダンジョンをクリアしたことで…。

DSC_0006
DSC_0007

草の大陸の地図をコンプリートできました!

残るは「せかいのひきょう」である「七不思議の海」と「謎の大陸」のみ。


そして伝説ポケモンも次でラスト!
最後の1体は「カイオーガ」です!!





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ


「Amazon.co.jpアソシエイト」
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。