ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

スポンサーリンク
昨日はアトランティスの2つ目「クラディオン」に到着し、1体目の小ボスドラゴンを倒したところまででした。


少し先ですぐにイベントが起きます。

イベントを進めていくと、ある部隊から好きなやつを連れて行けという話に。

DSC_0001

確認入りますが、

DSC_0002

すぐに許可が出ます笑

キャラメイクで新たな「外見」と「職業」を選べるようになりました。

DSC_0003

ついでに3人1組で構成される「ユニット」も2つ目が解禁されます。

今後は最大計6人パーティーで進めるということですね。

DSC_0004

見た目は4つ(顔×2色×3で実質24つ)。

職業は2つ増えました。

DSC_0005

「ルーンナイト」と…、

DSC_0010

「フォーチュナー」です。

とりあえず今回はそれぞれ新しい見た目を採用して各1人ずつ作ってみました。
職業数が6つになったので、ちょうど各職業を1人ずつのパーティーの完成ですね。


さらに…。

DSC_0006

戦闘中にできることが2つ増えました!

パーティーが何人いようと実際に戦闘しているキャラは3人だけなので、要は控えのメンバーでもできることがありますよという話だそうで。

DSC_0007
DSC_0008

戦闘中、控えメンバーには各々ゲージが溜まる。
控え全員のゲージを1消費するのがサポート。

DSC_0009

1人のゲージを2消費するのがバディ。


どちらも戦闘を有利にするための様々な効果がある。
…としか言えないです笑

職業によって効果が違うので、効果はこれだと一概には言えなくて;;
ゲージが溜まるスピード(必要ターン数)も職業によって違うんだそうで。


戦闘させる3体のメンバーもそうですが、控えの職業と組み合わせも今後の戦いでは重要になってきそうですね。


ついでに、フィールド移動時ならいつでも戦闘ユニットと控えユニットを入れ替えることができます。

戦闘中は無理なのと、「ユニット丸ごと」しか入れ替えられないという点に注意が必要ですね。
でもこれで実力に比べて高難度のダンジョンやセーブ・回復ポイントまで距離がある場合でも少しは楽になりました。



キャラメイクしたてのキャラはレベル1スタートなのが気がかりですが…。
まあこの時点でもレベル10くらいまではすぐに上げれそうですし少々のことは問題ないでしょう。
(これまで使っていたメンバーは平均レベル17です。)

まあ、しばらくはいろいろ組み合わせを試しながら進んでみます。


松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
先ほどのカイオーガからいただいた「うみのリングル」。

これでようやく!
全てのお宝をコンプリートすることができました!

DSC_0013

まずは「8つの財宝」コンプリートのお知らせがあり。

DSC_0014

その証をもらいます。

そして…。

DSC_0015

オール コンプリーーーーート!!!

伸ばしすぎ笑


全てのお宝を集めた証である「たっせいのあかし」もゲットです。
(これらの証も何らかの効果のあるアイテムなら良かったのですが笑)



お宝をコンプリートしたので、トレジャーシリーズの調査を依頼してきたデンリュウ団長に話しかけてみました。

すると…。

DSC_0016

おお!

ちゃんと専用のセリフがあった!!


…でも「ありがとう」って言われただけです笑
他は特に何もありません笑



お宝も終わったことですし、お次は仲間ポケモンのコンプリートに集中しないと。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ


「Amazon.co.jpアソシエイト」
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。