ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

スポンサーリンク
今日はアトランティスの新しい地区に入れるようになりました。

DSC_0001

「ベルク海洋宮殿」。
その名の通りただの「宮殿」です笑

ここに役に立たない竜殺剣があるそうで。
それを手に入れ叩き直すことで真竜を倒せるレベルまで能力を引き上げるとのこと。


とは言えこの時代にも真竜の脅威がある。
宮殿は警備が厳重で普通に入ることはできません。

それゆえ秘密の抜け道から入ることになり、当然モンスターとの戦闘や救助が必要な人たちが存在します。

DSC_0002

と言うことで救助人数20人超えました。

20人での報酬は…。

DSC_0003

「ナノファイン」でした。

んー現時点では最上級の復活アイテムですが…。
前回の報酬「エクスアッパー」と比べるとかなり見劣りしますね;;


途中ノーデンス改修も追加されました。
「資料室 LV2」です。

上位レベルの改修を済ませると…。

DSC_0005

前回LV1では入れなかった扉の先に入れるようになっていました。

…が、ここ、何もありません笑

おそらく今後クエストが追加されたときあたりにちらっと使う程度ではないかと。



抜け道を通過し宮殿内に到着。
王女の説得が成功し竜殺剣が手に入ります。

これを鍛え上げるために鍛冶場のある「低層区グラディオン」に移動。
鍛え上げるには「オリハルコン」という材料が必要とのこと。

しかしこの時代に残っているオリハルコンはグラディオンを守る結解のような役割を担っていました。
これを取り外すと、そこいらのドラゴンやモンスターたちに襲撃される。



そんなわけで、パーティーを「鍛冶場に向かうメンバー」と「グラディオンを守るメンバー」の二手に分けないといけないことに。
分け方は1stユニットが鍛冶場、2ndユニットがグラディオンです。


分かれるということはサポートやバディが使えなくなるということ。

つまり各ユニットごとに3体だけで戦えるようなバランスの良い分け方をしなくてはいけなくなりました。


考えた末、1stユニットを「フォーチュナー・サムライ・ゴッドハンド」に。
2ndユニットを「エージェント・デュエリスト・ルーンナイト」にしました。

1stはスキル回復ができバランスの良いメンバーに。
2ndはアイテム回復しかできないのでスピードを重視しています(当然装飾品もスピードメイン)。


まずは1stで鍛冶場まで行き。
到着後に焦点が変わり2ndにチェンジ、グラディオン周辺のドラゴン狩りをさせられます。

正直…。
どちらもすごく大変でした笑

やはりバディがないのは厳しい;;


どちらかと言うと1stの方がドラゴンが強かった。
ので、1stの方を少し強めに組んだ方が良いようにも思えます。

が、実は1stは道中のドラゴンを倒す必要が別にないんですよね。
2ndは全ドラゴン駆除が必至です。

とすれば、1stはドラゴンを完全無視させて2ndに主要メンバーを集結させるというのも一つの手。

どちらにするかはお好みでどうぞ。


グラディオンの守備をこなししばらく経つと完全な竜殺剣の完成です!

DSC_0004

これでいよいよ真竜との闘いが始まる!

楽しみで仕方がないです!


松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
今日は雑魚ドラゴンたちの一掃も終わったところで、上位ランクのドラゴンである「帝竜」に挑んできました。
まだ例の竜殺剣が入手できていないため目的の「真竜」には手を出せず。

この帝竜の名は「メイヘム」です。

DSC_0001

帝竜ランクでも戦闘前にちょっとしたムービーがありました!

いやぁ、こういう演出ってやっぱりテンション上がりますね!


今回は「エグゾースト」に加え、少し前に出たばかりの「バディ」と「サポート」も駆使して戦いました。



そうそう。

エグゾーストのゲージは1戦闘ごとじゃないんですね。


前の戦闘までで溜まったゲージは次の戦闘にそのまま引き継がれていました。
と言うことはボス戦前に適当にエンカウントでゲージをマックスまで溜めた方が良いということですよ。

…帝竜戦前にこの事実に気付いて良かった笑

DSC_0002

サポートはなかなか出しにくいですね;;
全員が1のゲージを溜めないといけないうえ、フォーチュナーは1ゲージ溜めるのに4ターンもかかります。

その代わりエージェントとルーンナイトは1ターンで溜まるので2ターン後にバディを仕掛けられます。


バディでダメージを与えつつ状態異常などを付与できるので、戦闘メンバーは防御重視にするという戦法もありですね。

サポートは戦闘メンバーの攻撃や魔法防御を上昇させてくれました。
控えユニットの各職業ごとに効果を起こしてくれるので現時点で計3つの効果があるのですが…。
フォーチュナーだけは「効果はない」とでてきたので、おそらく状態異常回復系の効果だったのでしょう。


バディとサポートに関しては、できるだけ早い段階で「どの職業」が「どんな効果」をもたらすのかを把握しておきたいですね。
その検証のためにはわざと状態異常にかかったりもしないといけないのか。

少々大変ですが、今後強敵が現れたときにユニットの組み合わせはかなり重要になってくると思うのでやる価値はありますよ。
(まあ攻略情報を検索すれば一番早いんですが笑)

【追記始】

わざわざ検証しなくとも分かる方法がありましたので追記訂正いたします。

バディやサポートを発動できるときは3DSの下画面をタッチするのですが…。
その職業が発動する効果はタッチしたときに下画面に載ってました笑

ちなみにフォーチュナーのサポート効果は「ライフ1で全員蘇生」です。
サポートはユニットの左から順に発動されるので、フォーチュナーを一番左にセッティングしていないといけないわけか…。
戦闘不能者は他のキャラのサポート効果「速度上昇」などの恩恵を受けられなくなるので。

【追記終】



さすがに帝竜!
他の雑魚ドラゴンたちとは一味違いました!

が、戦術がいっぺんにいろいろ増えたばかりの現時点では倒すのにさほど苦労はしません。
しっかり撃退できました。

DSC_0003

帝竜になると雑魚ドラゴンとは違い1体で3Dzも落としてくれるんですね。

真竜にもなるとどれくらいもらえるのかな。

DSC_0004

そして帝竜ランクは検体も採取するようです。

現代におけるドラゴンの危機脱却に向け少し前進できたということですね。
(おそらく縮まったのは雀の涙ほどの距離でしょうが笑)



シナリオは竜殺剣にかなり近づいてきており、いよいよ真竜との初バトルも近い!

楽しみ過ぎて夜眠れそうにないので急いでストーリーを進行させます!笑


松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ


「Amazon.co.jpアソシエイト」
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。