ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

スポンサーリンク
DSC_0001

そう…。

ついに…。

カジノが登場しました!!

DSC_0002

写真に見えてる範囲がこのカジノのほぼ全部です笑

ちっさい笑

どうやら1コインスロットとBINGOだけのようですね。

DSC_0041

先に進めばもっと大きなカジノがあるみたいなので、ここでは軽くBINGOを試してみました。

DSC_0042

全部で10回引いて、何回目でビンゴになるかで戻ってくるコインの倍率が変わるみたいだ。

お祈りもしたし、コイン100枚つぎ込んでいざ!

DSC_0043

ダブルリーチで終わりました。
カードの数字は1~25だけでしたね。

真ん中は必ず空いているので25個の数字のうち24個がランダムで選ばれるみたいですね。

リセットしてもう一度、今度は10ずつを繰り返して様子を見ます。

DSC_0044

と思っていたらラスト30コインでビンゴです。

どうやら「色ビンゴ」というものに当たった模様。

カードには数字と同時に色もランダムで振り分けられ、普通のビンゴじゃなくても一つの色をすべて空けたらそれもビンゴになるんですね。

9回目で当たったので×10の100コインをゲット。
そのまま続けてみます。

すると…

DSC_0045

なんと!

7回目の×50で500コイン取れました!わーい。

これだけあれば100コインスロットを一回まわしてリセットしてを繰り返せますね。

他の客の話だと大きい方のカジノにはルーレットもあるとのこと。
それで倍の1000コインくらいまで増やしたら一気に100コインスロットに挑戦しようかな。



BINGOの評価ですが…。

オススメしません笑


一回引くたびにホイミスライムが動いて球を拾ってきてという演出があるのですが、それが長い!!

一応その演出の速さを「高速」に設定できるんですけど、それでもそこそこ時間を取ります。
だからこそ当たらないときは少しイライラ笑

まあ、ぼくみたいに始めは50コインや100コインだけを購入し、それを500~2000コインくらいまで増やしてからスロットに出向くというタイプの人にはちょうど良いのかもしれませんが。

感触的にはポーカーよりは楽に稼げますので(頭を使う必要がない分だけ楽)。

そういえばVIIIにもポーカーはあるのかな?
次のカジノを見つけたらレポートします。

ちなみにここのカジノ場の商品のラインナップです。

DSC_0046

やはり今作も奥のカジノに行かないとメタル系の剣やグリンガム的なムチなどはないようですね。

序盤でそれだけの装備を手に入れたら面白くなくなってしまうのでその方が良いんですけど。
などと言いつつ、それらの商品があったらあったで序盤でも関係なく入手を目指してしまう過去の自分 笑

おかげで天空の花嫁は加入した時点から一度も馬車送りになりませんでした笑



物語の方はようやく主人公の過去に迫るところまで進みました。

旅に出た経緯はある程度わかっていますが、いよいよもっと詳しい事情がわかりそうです。


松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
早速ですが、

DSC_0009

こいつに出会ったんです。

DSC_0013

3つのメモに依頼内容を書いて渡してきました。
メモの中身を上から順に載せると…。

DSC_0010
DSC_0011
DSC_0012

ロンリージョー!?
ロンリージョーと言えば昨日の記事「 」の時点ですでに見たはず…。

DSC_0002

いた!!
即殺してみたところ。

DSC_0008

モリー の依頼を受けてから倒すことで初めてイベントが起きるようですね。

この調子で残り二体を!!
と、思ったのですが…。

まだ見つけてない!!

と、昨日の時点ではこの段階で止まっていました。
そして今日、メモの内容を頼りに、ストーリーを先に進めながらもすぐに探しにでかけます。

DSC_0005
DSC_0006

イカ娘は比較的に早く発見できたんです。

ですが、ぷるぷるしてんじゃねーよ!!がなかなか見つからない。
と言うかメモを読んだ限りだと、まだ今はぷるよ!が現れる場所に到達していなさそう…。

早くストーリーを進めなくてはいけない状況に陥ったせいで

DSC_0018

開けるドアまで間違えて

DSC_0013

ひたすら未来への扉を探しながらも

DSC_0014

数々の

DSC_0012

ブービートラップを

DSC_0016

乗り越えて

DSC_0017

飛び降りて

DSC_0020

青春して

DSC_0030

ぷるぷるして

DSC_0031

タタカッテ

DSC_0032

nakamanisite

DSC_0034

ザ・モンスター・バトルロードだっ!!


あれ…いつの間に…?笑

ようやく依頼をこなしたところで、モリー主催のコロシアムに入場することができるようになります。


三体までの魔物でチームを組み、三連戦に勝利すればそのランクはクリア。
ランクはG~Aランク(おそらくAをクリアすればSランクが現れるかと)。

このチームに入れられる魔物というのが、これまでぼくが勝手に命名していた「強敵モンスター」の正体だったということですね。



彼らを仲間にして三体のチームを作る。

強いモンスターを見つけ、うまい組み合わせを考える。

そして次々に現れるライバルたちを蹴散らしていく。

それがここ…

DSC_0034

ザ・モンスター・バトルロードだっ!!


今後は「強敵モンスター・続」のタイトルを改め「マーク付きモンスターとの遭遇1(2、3、4…)」のタイトルで紹介していきますね。


モンスターには経験値を受けてレベルが上がる、などの制度はないようです。

主人公たちの強さにはやや比例するようですが。

基本はそのモンスター自体の強さ(パラメータや特技など)と、三体の組み合わせ方でチームの強さが変わるとのこと。

組み合わせでも変わるというのは面白い。
(例えばスライムとホイミスライムとスライムナイトの三体といった具合に、同じ種族で揃えるなどしても固有の強さ以上にチームの強さが上がると。)



さてさて。
せっかくこやつらを仲間にできるようになったので。

今まで出会ったやつらを全体捕獲祭りじゃー!!

と、しゃれこみたかったのですが…。

DSC_0035

やはりモリー依頼をこなした後に倒したら仲間にできるようで…ん?

DSC_0036

なんと!!

三体までしか仲間にできないではありませんか!!

そんな…そんなはずは…。

は!そうか!!

バトルロードのランクをクリアしていけば仲間にできる数が増えるのではなかろうか!?

DSC_0038

そう考えGランクをクリアしてみたところ…

DSC_0037

ドンピシャです!

+三体の合計六体まで仲間にできるようになりました!

続けざまにFランクをクリアしてみると…。

DSC_0039

あれ…?報酬の内容が違うぞ…?

仲間にできる数が増えたのではなく、新たに作ったチームを試すためのバトルができるようになりました。

おそらく今後のランクをクリアしていくことでもバトルロード関連の報酬がプラスされるのでしょうが…。

その中で仲間にできる数がもう少し増えることを祈ります。
(全マーク付きモンスターを仲間にすることは果たして可能なのだろうか…。)


とりあえずドランゴでのごり押しはFランクが限界そうだったので、今まで出会った中で一番強そうな二体を倒して仲間に加えときます。

ドランゴの例で、倒してみて初めてパラメータがわかるみたいなのですが、スライムやプチアーノンの強さを見た限りだと大体は予想つきますし。
(本音は今からまた全モンスターを倒して回るのが面倒くさい笑)

もちろん、これから出会ったやつらは積極的に倒します。


上のランクをクリアするごとにそのときのチームメンバーも紹介しようかな。

しかし「モンスター銅貨」などのドロップアイテムは相変わらず換金アイテムとしての使い道しかわからない…。



ひとまずは新しいマーク付きモンスターとの遭遇とバトルロード情報も今後のプレイ日記で取り扱っていきます。

DSC_0020

他言無用で…笑


松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


「Amazon.co.jpアソシエイト」
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。