ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

スポンサーリンク
最終幕で任意のグリムワルドの夜をクリアした後、監獄前(監獄外環区)に新たな瘴気の渦が発生する(発生条件が最後の夜ではなくすべての夜クリアかどうかは不明です)。
ここでは最強のラルヴァ「ヴァフ・メディオス」とのボス戦が行えました。

イースIX -Monstrum NOX-_20191017023315

手強い敵と戦いたいといった戦闘好きの方やPSトロフィー目的の方以外は戦う理由は特にありません。
あ、倒したら「黎明の輝冠」という強力なアクセサリー装備が手に入るというメリットも一応はありますが。

何にせよ化け物級の敵なので、挑む場合はしっかりと準備を整えましょう。
ボスのレベルが95ということもあり、難易度を上げている方はそれ以上のレベル、かつ最強装備なども調達できてからの方が良いのではないかと。
(後で冒険日誌にて確認したところ、HPは直近のボス「シャトラール団長」の約3倍です。)


・フィールドに複数の炎の弾を配置、爆発する
・噛みつき
・前進しながら4連噛みつき(最後の噛みつきは瞬時に2連続なので前進は3回)
・複数種類の雑魚ラルヴァを召喚(身体を震わせて青色の弾を上空に飛ばす行動がこれ、出てくるのはレベル40程度の雑魚)
・毒ガス散布
・緑色の液体を自身の周辺にまき散らす、一定時間フィールドに残る(触れるとダメージ、状態異常・虚弱)

敵の攻撃を避けるときは、そこら中にあるクリムゾンラインのポイントを使用するのが良さそうです。
なので、敵をロックオンしないよう気を付けましょう(ロックオンするとクリムゾンラインは敵に向かって飛んで行く)。

こちらからの攻撃は遠距離攻撃が安全ですが、この場合、雑魚敵が結構邪魔になってしまう。
お勧めは、アドルのスキル「ヴァーミリオンサイズ」です。

高火力の広範囲スキルで、ボスへのダメージを確実に蓄積させつつ、近くの雑魚敵も一緒に倒せる。
攻撃中は相手の時間が一瞬止まってくれるので攻撃後の退避もノーダメージで行える可能性が高い。
と、なかなか便利でした。

広範囲とは言え一定以上の距離まで近付く必要があるため、敵の攻撃を避けるために離れてしまった場合は、近付く際にもクリムゾンラインを使用です。

後は、アクセサリー装備で火力を上げるとより楽になります。
状態異常の耐性装備でアクセサリー枠を削りたくないので、毒ガスなどで状態異常になったなら回復アイテムを使いましょう。


HPを3分の1ほど削ったら、ボスの姿が忽然と消え、代わりに「バトゥロール」「キュリマント」といった強敵が複数体出てきました。
すべて倒したらボスが再出現し、攻撃パターンが少し変化します。

・黒い光線を直線に放つ(状態異常・石化)
・追尾性の黒い弾を6発射出、一定時間後に(もしくは地面に触れたら?)爆発する(状態異常・呪い)

これらの攻撃が追加され、単発の噛みつき攻撃を使わなくなったのを確認しました。
戦い方はこれまでと同じで大丈夫そうです。

この辺りからは複数の状態異常に同時にかかってしまう可能性があるため、単体回復ではなく「万能薬」でまとめて回復することも考えましょう。


さて、敵のHPをさらに削り、残りHPが3分の1ほどになったら、再び姿を消します。
今回出てきた強敵のラルヴァは「ディザストロ」「ネフリュード」でした。
回転コンビですね笑

ネフリュード2体が同時にゴロゴロと転がり出したら攻撃を避けるのがすごく難しいので、予兆が見えたらすぐにクリムゾンラインで高所に逃げましょう。
近くに安全圏がなくてもクリムゾンラインを連続して使えば問題はありません。


すべて倒したらボス再出現。
と同時に、新規の攻撃をいきなり仕掛けてきました;;

身体を横回転させながら、右斜め前、左斜め前、前方の順にフィールドを3回跳ねる。3回目は追尾性の赤い弾を6発射出するほか、地面を伝う波を円形状に出す。
というものです。

この攻撃を出されたときに敵の近くにいたら、連続ヒットしてそのまま戦闘不能になってしまうほどの恐ろしい攻撃。
なので、ヒット&アウェイのアウェイはこれまで以上に素早く行わなくてはなりません。

赤い弾と波が来る最後は、クリムゾンラインまたは二段ジャンプ&ハンターグライドで避けます。
ハンターグライドの場合は赤い弾に当たる危険があるので、当たりそうになったら回避行動を取りましょう。
まあ4連続くらいでクリムゾンラインを使った方がより確実に避けられると思いますが。


後は、この最終ラウンドでは全体的に火力が上がっているように思います。
難易度NORMALでも、ブーストだけでは回復が間に合わなくなり、蘇生アイテム3つに「フルポーション」を5回使う羽目になりました。

まあ、防具はほぼ初期装備なので被ダメージが元々増えてしまうのは仕方のないことですが;;笑
武器も各自の初期装備なので与ダメージも少なめですし、レベルが70なのもこれら両方に影響しているでしょうけど。

ともかく、最終ラウンドではこれまで以上に、敵の攻撃を回避することが重要になってきます。
敵の攻撃が来たら瞬時にクリムゾンラインを使えるよう、R2ボタンに置いた指には最も神経を光らせていなくてはなりません。


と、こんなところですね。
PSトロフィーだけが目的なのであれば、難易度NIGHTMAREのセーブデータとは分けたうえで、難易度EASYに変えてから戦うのが無難でしょう。

ただし、ヴァフ・メディオスも冒険日誌の「BOSS」枠に入るモンスターなので、こいつを倒したセーブデータでもエンディングまで進めないと、図鑑埋めのトロフィーが取れないという点にはご注意ください。
(セーブデータを分けるなら、例えばラスボス戦直前のようなタイミングになるのでしょうか、ともかくヴァフ・メディオスと戦える最終地点で行うのが良さそうです。)



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
最終幕でNOXを100貯めたら発生する、任意のグリムワルドの夜です。
シナリオで言われている最大級の夜とは別物ですが、冒険日誌に記載されたりPSトロフィーに関連する夜はこれがラストのようでした。

イースIX -Monstrum NOX-_20191017014009

内容は防衛戦、WAVEは6。
一応満月のグリムワルド並みであることも覚悟しておかないといけないかもしれませんね…。


WAVE1、黒い柱は右手に4つ。
多少散らばっていますが、それほど大した敵は出て来ないので、まあ楽に終えられるでしょう。

WAVE2は南に3つです。
こちら側にはデコイなどの設備があまりないのが気になりますが…。

最初に出てきたのは雑魚ばかり。
まだ楽勝なのかなと油断していると、すぐに北側からの奇襲がありました。

クリムゾンラインで速攻戻ってこれに対応していると、奇襲で出てきたうちの1種類が、混乱の状態異常持ちなのがまた厄介。
混乱は移動方向が反対になってしまうんですよね;;
しかも続けざまに出て来るので同時に複数体の相手をしなくてはならない。
時間をかけるほど面倒なので、ブーストとEXTRAスキルでまとめてさっさと倒してしまいましょう。

奇襲が終わったら、残りは楽…とはいかず;;
南側の通常の黒い柱からも、同じ混乱持ちの敵が2体出現します。
他の雑魚敵相手にブーストゲージを貯められたなら、ここでもう一度EXTRAスキルを使うのも良いのではないかと。


WAVE3。
黒い柱は右手の近い位置に2つと、左手の離れた位置に1つでした。

まずは左手の柱から敵が複数体出て来る。
急げば次の敵出現の前に殲滅できるので、とにかくダッシュで倒しに行くこと。

クリムゾンラインなどでスフェンまで戻って来たら、右手の柱から出てきた敵に対応する。
この後に奇襲がありました。
場所はスフェンのすぐ左隣です。
ここにはデコイがあるのでまだマシですが、右手の通常の柱からも引き続き敵が出て来るので、仲間の位置や敵の残数も確認しながら自身の居場所を考えましょう。

奇襲が終わり、右手の黒い柱2つもなくなった頃に、最後に左手の黒い柱から再度敵が出現。
これを確実にこなしてWAVE終了です。


次のWAVEでは黒い柱が計8つ、四方八方に散らばっていました。

イースIX -Monstrum NOX-_20191017015952

こまめにミニマップを開いて敵の出現場所を確認しなくてはなりませんね。

最初の敵出現は北側正面。
雑魚が数体のみなのですぐに倒してしまいましょう。

次は東側の黒い柱のうち3つから、続けざまに敵が出てきました。
ブーストを使ってでも急いで倒したいところですが、ここはルクス・カノンの使用でも良さそうですね。

続いて南、西と続けざまに出てきた後、さらに東側に残っている黒い柱からもすぐに敵が出現し;;
自身は南の敵を片付けた後、西は仲間たちに任せてすぐに東に移動するのが良いのではないかと。
また、ブーストかルクス・カノンか、先ほど使用しなかった方をここで使います。


WAVE5の黒い柱は南側に4つ。
デコイが少ない側ですが、奇襲がなければ、または強敵が多く来なければ対応は楽そうです。
…と思っていたら、やはり奇襲がありましたね;;

奇襲が来るまでは、混乱持ちの「ディオ・マント」が1体出てくる以外は大したことはありません。
ただ、そのディオ・マントが出る位置と奇襲の場所がちょうど正反対だった点には注意。
ディオ・マントが一番東の黒い柱で、奇襲はスフェンのやや北西の位置でした。

奇襲の方で厄介な敵は、最後に出てくる円形ラルヴァ「ディザス・テュルフ」1体だけ。
ですが、奇襲が続いている間も、南側に残っている黒い柱から雑魚敵が出続ける点には気を付けましょう。
気付かないうちにデコイを壊されスフェンまで…ということにもなりかねません。


ようやく次が最終WAVE。
黒い柱は南側に3つで、いつも通り、最初にボスが出てきます。

このボス自体がこれまでのボスと比べても強く感じるほどに厄介な敵なのですが、他に出てくるラルヴァも、ディザス・テュルフや「バトゥロール」といった強敵ばかり。
フラッシュガードやフラッシュムーブを狙ってでも無理やりチャンスを作らないと苦戦を強いられるでしょう。

後は、敵とスフェンの間ではなく、横に回ってから戦うようにすると、スフェンがとばっちりでダメージを喰らう可能性を減らせます。


クリアしたら、ダンデリオンのカンテラで、いつでもNOXを宵闇の欠片に変換できるようになりました。

イースIX -Monstrum NOX-_20191017022053

これがNOXを消費する最後のグリムワルドの夜だったので、当然と言えば当然の仕様ですが、それでも嬉しいですね。
宵闇の欠片の交換が無限に利用できるということは、頑張ればドーピングアイテムを入手しまくりということになりますし。


それと、監獄の前(監獄外環区)に新たな瘴気の渦が発生しています。
これはグリムワルドの夜ではなく、最強のラルヴァ「ヴァフ・メディオス」とのボス戦(こちら)でした。

手強い敵と戦いたいといった戦闘好きの方やPSトロフィー目的の方以外は戦う理由はあまりありません(倒せば強力なアクセサリー装備も手に入りますが…)。
化け物のように強い相手なので、特に難易度を上げている方は、後々最強装備を入手できるようになってからなどしっかりと準備を整えてから挑みましょう。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


「Amazon.co.jpアソシエイト」
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。